ビジネスをするならMac以外考えられない!その理由を話そうではないか

ビジネス×Mac=昇天

Macが大好きな、窓(Window)がかり経験4回の平井です。

窓がかりですが、教室や音楽室での授業が終わったら窓を閉めるだけという簡単なお仕事でした。電気を消すだけの電気がかりも経験済みです。ジャンケンでの死闘の末、勝ち取りました。

さて、ぼくは家が火事になったら、いかにiMacを持って外に出るかを1日に2回は考えくらいMacが好きなのです。

今のところ解決策はありません。

そんなぼくは、数多くの人にApple製品のすばらしさを語ってきました。結果、周りにいる友人や知人はほぼMacという環境を作り上げたのです。「シリコンバレー平井」と呼んでください。

さて、そんなApple好きのぼくですが、先日衝撃的なことがありました。

師匠である”フィクサーS”が「書類もといドキュメントをクリエイトするならWindowsがチョベリグじゃん?あわよくば。」という発言をしているところを耳にしてしまったのです。

全単語に突っ込みを入れたい気分ではありますが、今回は話題を絞ってビジネスをするならMacがいいよ!という話をお伝えしたく思います。

無駄がなくて素晴らしい

何と言ってもMacは無駄がなくて素晴らしい。

中身に無駄がない

アプリのインストールは「アプリケーションフォルダ」に入れるだけだし、アンインストールもフォルダから削除するだけでOK。

App StoreからインストールすればiPhoneと同じように「×」を押すだけでアンインストールが完了します。

プログラムに関しても、いろいろ意味不明な設定をしなくてもサクッと作り始められますし、iPhoneやMacのアプリを作る時はXcodeという専用アプリが用意されています。

Xcodeはプログラミングをやりたい人が最初につまずく初期設定もほぼ必要ありません。

本体のデザインに無駄がない

本体のデザインに関しても、全く無駄がありません。

Intelなどのシールが一切貼ってありませんし、購入してパカっと開いて電源ボタンをポチっと押すだけですぐに使い始められます。

本体の表面にあるのはトラックパッドとキーボードと画面だけ。

手触りもいいですね。サラサラとするあの感触は、女の子の肌にも通ずるものがあります。あぁ、触りたい。

何と言っても美しい

人が行動を起こす上で、「テンション」は非常に重要です。

仕事するときは特に「使っていて楽しい」「使っていて気持ち良い」という気持ちが重要だと思うのですよ。

Macはそのいずれも満たすほどの美しさなんですよ。本体もデザインも、画面もとっても美しい。

Retinaディスプレイになってからは、追従を許さない美しさですよ。

MacBook Proの15インチを購入したときにも相当感動しましたが、iMac 5Kを購入したときはさらに感動でしたね。

27インチに広がるRetinaの世界。これを美しいと言わず、何が美しいのか。

それでいて、しっかりと設定を行えば機能的にも使いやすい。

何よりフォントの美しさが半端ないですね。何書いても美しいんですもの。いい匂いしそうですしね。

Windowsの方にもわかるように美しい文字をお届けしますね。

生ゴミ

どうですか?!ぜんっっっぜん臭そうじゃないでしょ?むしろ美しい。生ゴミ美しい(錯乱)

お次。

カメムシ

ほら、あの小春日和、切なさが香る秋に出現するカメムシすら、Macの前ではひれ伏します。

マウスとかマジでいらない

ぼくはMac歴9年なのですが、Macに変更した中で最も感動的したのがトラックパッドの使いやすさ。

ノートパソコンについてる、マウス代わりになるアレですね。

Windowsの頃は、トラックパッドがオマケレベルで、しっかりと使うときにはマウスが必要だと思っていました。

しかし、Macはマウスがなくても十分使えます。

1本指はもちろん、5本指まで機能を持たせられるので、マウスを使わなくても十分本体1つで完結するのです。

機能とデザインを両立しているMac、愛してます。

ビジネス×Mac=昇天

ABOUTこの記事をかいた人

平井隆嗣

メディアオプティマイザー 平井 隆嗣
アプリプログラマー、Webデザイナーなどを経験。現在は神田昌典公認 事業創造コーチの資格を持つ師匠"フィクサーS"と共に独立後の成功・失敗体験を活かし、「起業・複業をしたい人・している人のメディア作り」をお役立ちする『メディアオプティマイザー』として活動中。