デザイナーから学ぶ 知的生産性を高める方法【はじめに】

design-thinking-intro

デザイン思考とは、「デザイナーの思考法」そのものであることはお伝えしました。

具体的には、論理的思考を行う左脳と、イメージで思考する右脳を両方活用するハイブリッドな思考です。

3つの思考法で知的生産性を高められる!

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由によるとハイブリッドな思考こそが、自分オリジナルのユニークな切り口を出す(=知的生産)ができる考え方だそうです。

ハイブリッド思考を鍛えるための方法としては以下。

  • インプットの質
  • 発想のジャンプ
  • アウトプットの質

これらの質を高めることで、知的生産性を大きく上げることができるそう。

これはやらない手はないですね!

次回からは、この3つの質を上げるための具体的な方法を書いていきます。

design-thinking-intro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

平井隆嗣

メディアオプティマイザー 平井 隆嗣
アプリプログラマー、Webデザイナーなどを経験。現在は神田昌典公認 事業創造コーチの資格を持つ師匠"フィクサーS"と共に独立後の成功・失敗体験を活かし、「起業・複業をしたい人・している人のメディア作り」をお役立ちする『メディアオプティマイザー』として活動中。