起業を失敗させない!短期間で売上を上げる、常識外れの思考法

up-sales

起業直後は「LINEスタンプ4つくらい作れば億万長者じゃね?!」と直感が言っていたので徹夜で作った結果、3000円の売上になりました。平井です。

起業をする上で、一番の懸念材料は「お金」です。

  • 起業してしばらくは無収入になるよな・・・
  • 商品を作るまで1か月はかかるから、その間はもやしを主食にしよう
  • ブログが人気になるまで半年はかかってしまうらしい

など、起業する多くの方は、「いつ売上が上げられるか未知数」だからこそ、失敗を恐れてなかなか踏み切れないのです。

今回は、「売上を上げるのは時間がかかる」という常識を覆します。

すぐに売上は上げられる

会社でスマートフォンアプリ開発をしていたキギョウくんは、その高いスキルを活かしてスマートフォンアプリをリリースしました。

しかし、何やら様子がおかしいようです・・・

キギョウくん
やばいなぁやばいなぁ。吐血しそうだよ。
フィクサーS
どうしたキギョウくん。
キギョウくん
3日も徹夜して作ったスマートフォンアプリが全然売れないんだ。
フィクサーS
どんなアプリだい?
キギョウくん
犬の散歩をした記録をつけられるアプリなんだけど・・・100円なのに3つしか売れてないんだ。

これじゃ吐血しても病院代にもならないよね。

フィクサーS
交通費にもならないかもしれないね。

そのアプリが売れない理由、わかるかい?

キギョウくん
わからない。売れる気がしたんだよね。ただ、売れるか売れないかなんて運でしょ?

起業って大変だね。何ヶ月もかけて作ったものが売れるかどうかは運次第なんだから。

フィクサーS
それは君が間違っている!そしてそんな間違いをしている人は驚くほどたくさんいるんだよ!

3か月毎日営業して、なんとか生活費を稼げる人もいる一方で、即日売上を上げる人もいるんだよ。

キギョウくん
えぇ〜!それって強盗とか振り込め詐欺とか犯罪なんじゃないの?!
フィクサーS
お客さんも喜んでくれる、ちゃんとしたビジネスだよ。

悩み・痛みを解決するのがあなたの役目

キギョウくん
マジすか!!その秘密、教えて下さいフィクサー!!

対価は体で払いますから!

フィクサーS
人がお金を出すものには、2つの種類がある。

  • ニーズ=需要
  • ウォンツ=欲求

の2つだ。

中でも、キギョウくんのように短期間で売上を上げたい場合は、ニーズを提供するべきなんだ。

キギョウくんは、いますぐ解決したい悩みはあるかい?

キギョウくん
そうだなぁ・・・。あ!

花粉症を治したいです!

ずーっと昔から春夏秋冬ずっとクシャミが出るんです。特にスギ花粉の季節は穴という穴から液体が止めどなく溢れ出すんです。

フィクサーS
それは困ったね。

ただ、ずっと液体が身体から溢れ出すのは困るけど、そのために何か対策はしているの?

キギョウくん
定期的に耳鼻科に行って、クシャミや鼻水を止める薬を処方してもらっています。
フィクサーS
ほうほう。

それはまさしくニーズ(需要)だね。今すぐ薬を飲んで鼻水を止めたいんだから。じゃあ、耳鼻科に行ってその薬をもらうときのお金はいつ支払うの?

キギョウくん
え?何を言ってるんですか?

そりゃ、病院に行って薬をもらうときに決まってるじゃないですか!!

フィクサーS
ほらね、病院はその日に売上が上がったでしょ?
キギョウくん
はっ!本当だ!
フィクサーS
「売上を上げるには時間がかかる」と思っている人は、ぜひ病院を思い出して欲しい。

病院に行く人はほとんどの場合、痛みや苦痛を抱えている。その痛みや苦痛を治すためだったら、お金を払うんだ。

一時的にクシャミや鼻水が止められる花粉症の薬は数千円だよね。現代医療では、花粉症は完治が難しいと言われているものの1つだ。

じゃあもし、1度飲むだけで花粉症が完全に治る薬があったとしたら、いくら払う?

キギョウくん
うお!それだったら生活費1か月分を残して、残りの全財産払ってもいいかも!!
フィクサーS
そうでしょ?深い痛みや悩みを解決する方法があるのなら、人は今すぐどれだけでもお金を払うんだよ。

それが他にはない、とても素晴らしいものだと判断されたら、安売りをしなくても売れる。

人の悩みをズバッと解決できるモノがあって、それを困っている人に届く場所で、響くメッセージを発信すれば、喜んでみんな買っていくというわけ。

人は良くなる未来が見えた時に投資するんだよ。

逆を言えば、その人の苦痛や悩みを解決しないモノの場合は、お金を払うかもしれないけど「今すぐ」は難しいかもしれないね。

キギョウくん
今すぐは難しい・・・。
フィクサーS

セールになったら買おうかな、というレベル。この時点で「どうしても買いたい」にはなってないんだよね。

そういうモノは「値下げしてくれ!」と、言われてしまうものが多いんだ。

キギョウくんのアプリは、どんなにデザインが良くて、動作がキビキビしていても、そのアプリを使うことによって今すぐ悩みが解決されないのが一番の原因なんじゃないかな。

5つの質問で「ニーズ」を提供する

顧客が抱えている問題を解決するのがベストだと知ったキギョウくん。

その問題を見つける方法も、すでに体系化されています。

それは、「5つの質問」を使うこと。

この質問を使うことで、あなたが「誰のどんな役に立てるのか」ができるかがわかるようになります。

5つの質問は、日本トップマーケターと言われている神田昌典さんが生み出したものです。

ぜひ、売上を短期間であげたい方は、以下の5つの質問を埋めてみましょう。

  1. あなたの商品は、ズバリどんな商品か?その特徴2つを、20秒以内で、直感的にわかるように説明すると?
  2. この商品を20秒以内で説明しただけで、「なんとか売ってくれ」と頭を下げて、懇願してくるお客は、どのようなお客か?
  3. いろいろ似たような会社がある中で、既存客は、なぜ自分の会社を選んだのか?同じような商品を買えるような会社がいろいろある中で、なぜ既存客は、自分の会社から、この商品を買うことにしたのか?
  4. いったい、お客は、どんな場面で、怒鳴りたくなるほどの怒りを感じているか?どんなことに、夜も眠れないほどの悩み・不安を感じているか?どんなことに、自分を抑えきれないほどの欲求を持つか?その「怒り・悩み・不安・欲求」をお客が感じる場面を、「五感」を使って表現すると?
  5. なぜこの商品は、その悩みを簡単に、短時間で解決できるのか?それを聞いたとたん、お客はどんな疑いを持つか?その猜疑心を吹き飛ばす”具体的・圧倒的な”証拠は?

稼ぐ言葉の法則より

あなたは人を愛せるか

フィクサーS
人が行動(ここでいうお金を出して購入する)を起こすのは、

  • 苦痛・悩みを解決するため
  • 楽しさ・快感を得るため

の2つ。

その中でも苦痛を避けたい方が、結果は出るんだよ。

キギョウくん
なるほど・・・

でもそれって苦痛を避けさせるためにお客さんを脅してるようでなんだか悪い気持ちになります。

フィクサーS
いいことを言うね。そう思うのも仕方ない。

確かに、「脅して商品を売る」ということは決してやってはいけない。

売った結果、全く効果がなかったらそれは詐欺だよね。そういうことをしている人たちもいるけどね。

何より、そんな自分勝手なビジネスをすると、このネット社会では一瞬で評価が落ちて生きていけなくなるよ。

キギョウくん
そんなことをしなくても痛みを解決させてあげられる方法はあるんですか?!
フィクサーS
「お客さんの苦痛や悩みを、自分のことのように感じること」だよ。

例えばだけど、犬の病気を予防できるアプリだったらいいかもね。

いつもと様子が違うぞ?と思ったらすぐに質問に答えるだけで病気の兆候があるかかどうかが判断できるアプリだったら、病気になって高い治療費を払う前に予防できるよね。

それだったら500円でも安いくらいだと思わない?

キギョウくん
うわ!それいい!早速作ります!
フィクサーS
今のはただ言っただけだから、ちゃんと調査してからね!!!

「俺の悩みは顧客のもの、顧客の悩みは俺のもの」と、人の気持ちになって考える「愛」が大切ということ。

マーケティングとは一言で言うと「思いやり」なんだよね。

キギョウくん
全米が泣いた

一過性の売上を上げるのか、生涯の顧客を作るのか

フィクサーS
独立して起業家になる理由はたくさんあると思う。

  • お金持ちになりたい
  • ビッグな人間になって有名になりたい
  • 自分でビジネスを作り出して自由なライフスタイルを送りたい

とかね。

この考え方は、最初一歩としてはとても正しい。

だけど、そうなるためには決して欠かしてはいけない考え方があるんだよ。

キギョウくん
欠かしてはいけない考え方・・・?
フィクサーS
そう。

君が望む結果を作り出すためには、人の役に立たなければいけないんだ。これは絶対に欠かすことができない。

君が出す商品が、困っている人のどんな未来を創っていけるのか。

未来というと大げさに思うかもしれないけど、君の商品によって、お客さんにはどんな良い変化が起こせるかが大切なんだ。

キギョウくん
変化かぁ。
フィクサーS
だから、「何をする」というのは二の次なんだよね。

お客さんに良い変化を起こすために君ができることが「スマートフォンアプリの開発」かもしれないし、「自分が持っている知識を教えること」かもしれない。

旅行好きな人を例にしてみよう。

その人は、実際に街を歩くのは好きだけど、毎回旅行前に食べるものや目的地までの道順を調べるのに何時間もかけるのが苦痛だった。

そんなとき、スマートフォンの登場によって、いつでも検索できるようになり、目的地までのナビもいつでも使えるようになった。

おかげで、何時間も時間が節約できるようになって、もっと気軽に旅行に行けるようになった。これって素晴らしいことだよね。

キギョウくん
そりゃ嬉しさの極みだわ
フィクサーS
何もスマートフォンを作る技術や、アプリを作る技術が必要ってわけじゃない。君にできることはたくさんあるんだよね。

君の商品を使って良い変化が起これば、そのお客さんは君が次に出すものも喜んで買ってくれるかもしれない。

一発屋を目指すんじゃなくて、ファンを作って、生涯の関係ができたら、君はもう最強の起業家だ。

キギョウくん
くぅ〜!!いいこと言うな〜!!!
フィクサーS
「稼ぐ」というのは想いやりの心を持つことで達成しよう!

それがわかってないからお金をもらうことに対してマインドブロックがかかっちゃうんだよ。

フィクサーは今からスカイプ飲み会をするから、そろそろ失礼するよ。

キギョウくん
スカイプ飲み会とかナウいな

まとめ。小手先の技術よりも、相手の痛みを理解する力を磨こう

いかがだったでしょうか。

「稼ぐ」ことは人への想いやりが数値化したものということがお分かりいただけたと思います。

まとめると、

  • すぐに売上は上げられる。早ければ即日
  • 相手のニーズを理解し、苦痛・悩みを解決してあげる
  • 人を愛する・想いやる
  • あなたのファンを作り、生涯の顧客にする
  • 技術は手段でしかない。相手の痛みを理解する力を磨こう

ということです。

商品を売るためには「時間が必要」という思い込みをなくし、ニーズを満たせばあなたも今すぐ売上を上げられます。

レッツトライ!

up-sales

ABOUTこの記事をかいた人

平井隆嗣

メディアオプティマイザー 平井 隆嗣
アプリプログラマー、Webデザイナーなどを経験。現在は神田昌典公認 事業創造コーチの資格を持つ師匠"フィクサーS"と共に独立後の成功・失敗体験を活かし、「起業・複業をしたい人・している人のメディア作り」をお役立ちする『メディアオプティマイザー』として活動中。