お金を使わずに集客する10のマーケティングルール

集客にはいろんな方法があります。

FacebookやTwitterで広告を掲載する、チラシを配布する、DMを送付するなど。

Webサイトを作って、ブログで集客するというやり方もかなり一般的になってきました。

気をつけるべきなのは、そのような集客ツールを何も考えずに使うこと。

ブログを立ち上げたはいいけど、書くことがなくて、事業とは全く関係ない家族や子どもの記事を書いてみたり、お客さんではなく自社にメリットがあることしか書かない広告文を作ってしまったり、などなど。

ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門」に、そのような失敗をしないためのルールが書かれていたので紹介します。

マーケティング思考を鍛える10のルール

  1. つねに1つ以上のオファーをする
  2. 相手がただちに行動を起こさずにはいられないようにする
  3. どのような行動をすべきかわかりやすく指導する
  4. 追跡と測定を行う
  5. 運よくブランドを構築できれば儲けものだが、ブランドはあくまでも副産物に過ぎず、その構築のために金をつぎ込むべきではない
  6. フォローアップを行う
  7. 漠然とした誇大広告ではなく、説得力のある宣伝文句を使う
  8. 概して、”通信販売広告”に似たものにする
  9. 結果がすべてを決める。議論の余地はない
  10. 意志が強く規律に厳しい人間になって、少なくとも6カ月間はダイレクト・マーケティングの厳格な習慣に従ってビジネスを続ける

6カ月間、”売上を上げない”わけではない

以上のルールは、「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」と呼ばれるもののルールです。

テレビCMや雑誌・新聞広告などに広告を出す資金を持っていない人に対してにはとても強力な効果を出すマーケティングです。

とても参考になるのですが、最後の「少なくとも6カ月間はダイレクト・マーケティングの厳格な習慣に従ってビジネスを続ける」というのは、その間、売上を上げないわけではありません。

というか、それだけ売上がなかったら普通の経営者はビジネスを続けていけなくなります。

この部分に関しては、「世界の成功者が明かす! 30日で億万長者になる方法」が参考になります。

全く何のスキルも持っていない人が、30日で莫大なお金を稼ぐ方法が書かれています。

と、このように書くとめちゃくちゃ怪しいと感じてしまいますが、やっていることはとても単純で、「お金持ちになるための最短スケジュールを、世界の成功者6人にインタビューして作ったPDFを販売した」だけ。

1つのアイデアと、上に挙げた10個のルールに従えば、支払いまで何ヶ月も待たなくても、大きな売上を上げることができます。

いろんな人と話していると「お金をいただくまで何ヶ月もかかる」と思っている人が結構多いのですが、その思い込みを外すためにも、たくさんリサーチして、自分だけのオリジナルビジネスを構築するのがオススメです!

紹介したルールが掲載されている「ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門」ですが、今なら3800円の本が送料(550円)のみで購入できるので、マーケティング力を鍛えたい方は是非一度読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

平井隆嗣

メディアオプティマイザー 平井 隆嗣
アプリプログラマー、Webデザイナーなどを経験。現在は神田昌典公認 事業創造コーチの資格を持つ師匠"フィクサーS"と共に独立後の成功・失敗体験を活かし、「起業・複業をしたい人・している人のメディア作り」をお役立ちする『メディアオプティマイザー』として活動中。