シリコンバレーにあって東京にないもの

tokyo-silicon_valley-different

Kindle Unlimitedのラインナップを見ていると、『未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~』が目に飛び込んできたので読みました。

日本発のベンチャー企業やベンチャーキャピタルを経営している方へのインタビュー集なのですが、「東京は”次のシリコンバレー”になれるか」という問いに関しての意見が述べられていて参考になったので紹介します。

シリコンバレーにあって東京にないもの

日本は近年、ベンチャー・シーンで大きく前進してはいるが、シリコンバレーになるにはまだ先が長い。

日本がシリコンバレーの本当のライバルになるとは考えられないし、それを目標にすべきでもない。

その理由はいくつもあげられる。

スタートアップが少なすぎること。
社会的リスクと財政的リスクをとろうとする起業家が少なすぎること。
投資の機会が限られていること。
国外からもアクセスできるサービスを創るには、言語と文化の壁が大きすぎること。
成長力のある会社を創業するために必要な新しいアイデアとエネルギーをもたらす海外出身者が少なすぎること。

シリコンバレーにはこのすべてがそろっている。シリコンバレーには、他のどこにもないほど豊富なアイデアや資金、才能が世界中から集まる。これは容易にまねることができない。

このブログは「盛岡をシリコンバレーに」をテーマに、世界初の製品・サービスを生み出すことを目指しています。

しかし、アメリカと全く同じ「シリコンバレー」を作るのは簡単ではないようです。

起業を行う人の絶対数が少ないことや、英語が公用語として使われていないことが特にハードルが高いですね。

ただ、日本版のシリコンバレーを作ることは可能です。

次回は「日本版シリコンバレーの作り方」について書いていきます。

tokyo-silicon_valley-different

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

平井隆嗣

メディアオプティマイザー 平井 隆嗣
アプリプログラマー、Webデザイナーなどを経験。現在は神田昌典公認 事業創造コーチの資格を持つ師匠"フィクサーS"と共に独立後の成功・失敗体験を活かし、「起業・複業をしたい人・している人のメディア作り」をお役立ちする『メディアオプティマイザー』として活動中。