以下の内容は、Webマーケティングに関する情報サイト「The Social Ms」に掲載されていた、2017年注目のFacebook新機能・トレンドの紹介記事を要約したものです。

Facebookを使いこなせていますか?

私たち人間は、すでに知っている知識情報に縛られてしまう生き物です。しかし、ソーシャルメディアマーケティングにおいては、それはかなり危険なことです。ウェブの世界は日々進化を遂げており、FacebookはじめとするSNSは、常に新しい機能がアップデートされています。

その上で、ウェブを使ってビジネスをするマーケッターである以上、私たちは常にその変化にアンテナを張り、それらを使いこなせるよう学び続けていく必要があります。

2017年に押さえておくべき、Facebook最近機能・トレンド

1、マーケットプレイス

Facebook上で、実際の商品の販売ができる機能です。メルカリやラクマなどフリマサービスをイメージしていただければ良いでしょう。2016年末時点では、英語圏のみでの運用でしたが、徐々に使える国が増えてきています。

2、クロスポスト

過去に掲載されている動画を再利用できる機能です。シェアする動画を掲載しているページの許可が必要となりますが、お互いのページを繋ぐことで、ページに動きが出たりファンを増やすことができるメリットがあります。

クロスポストの方法は、こちらからご確認ください。

3、Facebookメッセンジャー

以前からある機能ではありますが、チャットボットの登場などで、改めて注目を集されている機能です。特に、ビジネスユーザーのボット導入を推奨しているため、チャットボット機能も合わせて使い始めると良いでしょう。

4、Facebook Live

ファンやオーディエンスの関心を集め、より濃いコミュニケーションを取ることができる機能として、利用する人が増加しています。また、Live mapといって、今現在世界のどの地域でライブ配信がされているかを見ることができる機能もリリースされています。

5、プロフィールを動画にする

動きのあるプロフィール画像が注目されています。7秒以下のものであれば設定可能なため、InstagramやLollicam、Lumyerなど、ショートムービーやgif画像を作ることができるアプリとの合わせ使いで、簡単に設置できます。

6、インスタント・アーティクル

他のメディアに掲載した記事を、リンクで別ページに飛部ことなく、Facebook上で閲覧できる機能。アクセス数が10倍になる、読まれる確率が20%アップする、記事の離脱率が70%ダウンする、といったメリットともにFBでは紹介されています。(公式ページはこちら

実装するには、FB開発者登録や審査など手間がかかりますが、要チェックの機能です。

7、Facebook360

画像中央に「360」と表示された画像が、Facebookに投稿されているのを見たことはありませんか?この景色をあらゆる角度から見ることができる機能が、facebook360です。専用の機器が必要ではありますが、ドローンよりも持ち運びしやすく、気軽に臨場感ある動画を撮ることができるのが魅力です。

 

未だ、日本未展開のものもありますが、いずれもチェック必須の機能です。また、メッセンジャー×チャットボットなど、すでに導入可能(しかし、まだ日本ではメジャーでない)なものは、世の中の人がお休みしているこの時期に、ぜひ挑戦してみてください!

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です