今回の質問:

ハッシュタグが重要というのはわかりますが、実際に使うとなると、どんなハッシュタグをつけるべきか悩んでしまいます。

自分に合ったハッシュタグは、どうやって見つけたら良いのでしょうか?

ハッシュタグが重要なのはわかるけれど…

Instagramをビジネスに活用したいと思っている方なら、「ハッシュタグは、集客や売上に効果的」耳にしたことがあるはず。

しかし、実際に使うとなると、どんなハッシュタグをつけたら良いのか?迷ってしまいますよね。中には、毎回コピペした20個〜30個のハッシュタグをつけている人もいますが、これは全く逆効果!

ハッシュタグ活用のポイントは、量より質を意識することです。

ぜひ、今回の記事を参考に、ハッシュタグ活用をマスターしましょう。

そもそも、ハッシュタグとは何か?

「#〇〇〇」 の〇〇〇の部分がそのままリンクとなり、同じタグが付けられた投稿をまとめてチェックできる機能です。〇〇〇に入る言葉は自由に決めて投稿できますし、逆に、ハッシュタグから投稿を検索することもできます。

例えば、Instagramトップの検索窓に「book」と入れれば「#book」のハッシュタグの付いた本関係の投稿を「カフェ」と入れれば「#カフェ」が付いた投稿をチェックすることができます。

 

つまり、ハッシュタグをつけて投稿をした方が、あなたが出会いたい人たち(=見込み客)に出会える確率が上がるというわけです。

ハッシュタグ選びの3つのポイント

ポイントは、戦略的にタグを付けていくこと。

関連する色々なハッシュタグを試してみる

使っている人が多すぎず、少なすぎないハッシュタグを使いましょう。#loveや#happyなど多用されるハッシュタグでは、投稿が埋もれてしまいますし、ユニーク過ぎても、逆に誰にも見つけられず埋もれてしまいます。

まずは、自分のサービスやプロダクトからスタートして、関係するキーワードを書き出す、ブレインストーミングをするのがオススメです。関連するタグをつけてみることです。

例えば、ファッションイラストレーターの Josefina Fernandezさんは、投稿する日に合わせて、タグを入れ替えています。休日の投稿であれば、イベントやショッピングなどに関連するタグを付けているようです。

毎回つけるハッシュタグを変える

毎回、同じハッシュタグをコピペして投稿している人がいますよね。

上記でもお伝えしてきたように、ハッシュタグは、あなたが思っている以上に、知られる・繋がる機会を与えてくれるものです。ですから、よく使われる人気なタグを乱用したり、毎回同じタグを使い回すというのは、その効果を全く得られない残念な使い方です。

ハッシュタグを多用することは全く問題ありませんので、その中でも、毎回使うタグをアレンジしながら反応を見ることをオススメします。

何のアカウントか?がわかるようにする

「#ヘアサロン」「#ヨガ教室」のように、あなたが何者で何屋か、すぐにわかるようなタグを入れてください。2では、タグを毎回変えるように、とお伝えしていますが、それも、基本タグあってこそです。

もし、あなたが、ヘアサロンを経営しているなら、#ヘアカラー、#ヘアカット、#ヘアスタイリング、#縮毛矯正、#前髪カット etc…より具体的なサービス内容を入れると良いでしょう。特に押しているサービスなどがあれば、そこから派生させたキーワードに絞ったタグでもOKです。

まずは、試してみること

ハッシュタグマスターのコツは、<ブレインストーミング→試す>を繰り返すことです。あなたのサービス・プロダクトからスタートして、連想されるキーワードをどんどん集めましょう。そして、それらを試しながら、オーディエンスの反応見ます。この時点で反応が得られたタグがあれば、(基本テーマから離れすぎない程度に)さらにアイデアを広げてみても良いでしょう。

ある調査によると「11個以上タグの付いた投稿は、よりリーチ数が多い」ということが明らかになっています。基本的には、何個も付けてOKですから、ぜひ、色々なキーワードを試しながら、自分にあったハッシュタグを発掘していきましょう。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です