ソーシャルマーケティングアドバイザーSusanna Gebauer氏が勧める、Facebookのビジネス活用法。

「今、〇〇しています!」「△△に行ってきます」「今日の名言は、〜」なんて、いつも同じ投稿をしてしまっている方は、特に要チェックです。

改めて、Facebookがどれ程影響力のあるメディアかというと…

・月間アクティブユーザーは、20億人。(世界の人口は、約74億人)

・アメリカのFacebookユーザーの82%が、投稿をチェックしている。

・マーケッターの42%が「Facebookでのネットワークはビジネス場で重要な役割を果たしている」と考えている。

by Cops’n’Writers 

その上で、Facebookを活用して、サービスやプロダクトのプロモーションを図りたいならコツが必要です。そのためには、あなたのFacebookページをオーディエンスが求めるページにカスタマイズする必要があります

求められるページの作るためにすべきこと

  • 競合他社の動向をチェックする

どんなニッチな業界でも、競合他社は必ずいます。オーディエンスのニーズを理解するには、たくさんの知識と訓練が必要です。それ時間をかけずにできるのが、ライバルの動向に目を配ることです。

彼らがどんな投稿をし、それに対してオーディエンスがどんな反応をしているかをチェックし、自分のページにどの活かせるか?考えていきましょう。

  • SNSのトレンドを追う

ページの購読者や成約率を最大化する近道は、トレンドを踏まえた投稿をすることです。そのためには、あなたのサービスやプロダクトのユーザーがどんなSNSを利用しているのか?そして、そこでどんな投稿がされているのか?をチェックしましょう。

最近のトレンドで言うなら、

  1. ライブストリーミング(いち早く最新情報を提供できる)
  2. ビデオコンテンツ(関心を引ける&一度により多くのメッセーを伝えることができる)
  3. Facebookショップ(Facebookと連動しているので、人が集まりやすい)

アメリカの「ダンキンドーナッツ」は、この手法を元に動画を配信し、Facebookの投稿1件に4,172いいね!、515シェア、コメント14000件、という実績を叩き出しています。

  • コメント欄を活用する

アーディエンスが思わぬアイデアを、コメントに残してくれている、というのはよくあることです。

投稿に対するリアクションには特に注意を払って、コメントが入った場合は、できる限り早く返信をしましょう。コメント欄が盛り上がるだけでなく、さらに多くのアイデアが集まる可能性があります。

“なんとなく” 使わないこと。

人が集まるページを作るには、彼らの求めているものを知り、それを満たすコンテンツを提供していくことが必要です。

効率よく必要な情報を集め、一人でも多くの人に喜んでもらうためにも、ぜひ上記のアクションプランを実践してみてください。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です