今回の質問:

Instagramは、集客にも使えると聞きましたが、地方で開業している場合でも、有効でしょうか。

実際にInstagramを活用し、集客・売上アップを叶えたローカルビジネス例を教えて欲しいです。

日本でもだんだんとInstagramがビジネス活用され始めていますが、その例として取り上げられているのは、大企業や地方自治体が多いのが現状です。この記事では、潤沢に費用のある大企業から広告費をかけられない地方の事業主まで、Instagramのビジネス利用が進んでいる海外の事例を紹介していきます。

ローカルビジネス × Instagram利用 成功事例

Sons of Sawdust

アメリカ・ジョージア州にある、廃材や古い木材を使ってテーブルなどオーダメイド家具の作成から空間で残までを手がける工務店です。

(画像クリックで、Insgtagramに飛びます)

彼らが、Instagramで成功を収めた秘訣は、ズバリ ハッシュタグ です。見込み客が関心を持ちそうなハッシュタグをうまく貼り付けたことで、ここまでフォロワーを集めることができました。

具体的には、#workshop(ワークショップ)、#oldwood(古木)、#salvage(廃材)、#DIY などです。こういったタグをつけながら、工場の風景や実際に手がけた家具、家具を作る工程をシェアしたことで、多くのフォロワーを獲得することに成功しました。今では、1投稿あたり、1000〜2000以上のいいねが付き、毎回コメントが入っています。それに伴い、オーダーやワークショップの参加者も増えているようです。

Sweet Pure Honey

フェアトレードのはちみつを夫婦で販売するはちみつ製品専門店。

フォロワー自体はあまり多くないですが、個人・企業問わず、世界中にプロダクトを販売しています。

実店舗に商品を並べるような感覚で、プロダクトの写真をアップし、お金をかけずに見込み客を集めることに成功しました。合わせて、ライフスタイルが垣間見える投稿で、価値観に共感するを増やすことにも成功し、今のような広い販路開拓に繋がりました。

 

※事例は、随時追加していきます。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です