今回の質問:

これからのトラフィック(アクセス)について、4分の3以上が動画になるという話を聞いたのですが、私たちのような小さな会社の経営者はどのようなことに取り組めばいいのでしょうか?

それでも動画だけでは補えない

これからは”動画”がトラフィックの中心になるとはいえ、テキストコンテンツの重要度は変わっていません。

動画をどのように活用すればいいのか。どんな長さがユーザーにマッチしているのかなど、テストしている企業も多い状況です。

目的志向からの転換

SNSが登場するまでは、検索を中心とした情報収集がメインでした。

つまり、何か調べたい目的があって、検索をして、答えを見つけるという流れです。

しかし、最近はというと、目的が不明確な状況で動画に触れ、目的が生まれ、さらなる情報収集を始める傾向へと転換され始めています。

ユーザーの気持ちを動かすための動画が今、求められているというわけです。

事業主が動画を使う目的は2つ。

一つ目は、SNSを通して、情報に触れるきっかけをつくること。もうひとつは、オウンドメディアで、SNSで情報に触れた情報のさらなる解説をすること。

動画の長さはどのくらいがいいのか

スマートフォンの普及で、短尺の動画が主流になりつつあります。

SNS上で流す動画においてエンゲージメントが高いのは、テレビCM同様 15秒、30秒。長くても1分まで。

さらに、情報を知りたい場合は、オウンドメディアで1分~5分程度が一般的です。

長尺コンテンツは必要ない?!

では、15分~30分以上の長尺コンテンツは必要とされないのか?いいえ、そんなことはありません。

特に、定期的に同じ時間に配信される”ライブコンテンツ”は、ファンの獲得が一定以上見込まれており、通常のオンデマンドコンテンツよりもエンゲージメント率も高くなっています。

「動画ビジネス」の新たな覇者は誰か?

小さな会社においても動画のトレンドは今どうなっているのか。

こちらの動画でチェックしてみてください↓

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です