物語を語れ:認知されるための広報の知識

ビジネスにおいて、世の中での認知度が上がることは、強力で影響力のあるマーケティングです。しかし、それは、プレスリリースを打ったからと言って、うまくいく訳ではありません。

より多くの人に知ってもらうには、物語を語ること、そして、広くシェアされやすい内容である必要があります。

今回は、ASDA’A Burson-Marsteller CEOで広報・広告のエキスパートであるSunil John氏がシェアする、ビジネスのPRで押させておくべきポイントを紹介します。

広報の基本知識を理解する

全財産が$1(100円)だとしても、私はその全てをPRに使うだろう。ービル・ゲイツ

広報・広告というのは、プレスリリースを打てばOK、というものではありません。私たちが自分の体をコントロールするのと同じように、PRも意図的に行う必要があります。

それができてこそ、あなたの物語が、既存顧客や潜在顧客に届き、広報・広告としての役割が果たされるのです。

物語を作る

潜在顧客にアピールすることはもちろん、印象を残すことができる方法が、物語を語ること、です。特に、

  • 動機・きっかけは?
  • どんな困難があったのか?
  • どんな挑戦をしてきたのか?
  • 何を得られたのか?
  • ユーザーにどんな未来をもたらすのか?

とことが書かれていると、より効果的な物語になります。

オウンドメディアにフォーカスする

アナログかデジタルか?ブログがポッドキャストか?SNSか自社サイトか?

重要なのは、どのメディアで物語を発信していくか?です。

その上で、どれか一つ選ぶとするならば、オウンドメディアを勧めます。長い目で見て、既存顧客や潜在顧客との関係構築や、彼らとコミュニケーションを取る際の費用対効果の高さなど、他プラットフォームでは得られない効果があります。

SNSを賢く使う

メッセージを簡単に発信できるプラットフォームであり、他の多くの企業・起業家が使っているからこそ、戦略的に活用していくことが必要です。

大切なのは、

  • 見込み客一人一人にメッセージを届けるつもりで投稿すること
  • ニュース性がある内容であること
  • 直感・勢いの投稿はしないこと、です。

問題発生に備える

どうやってビジネスを成功させるか?は、最需要ポイントではありません。大切なのは、常に、危機に備える雰囲気を作り上げていくことです。問題が発生した場合の対応をまとめたものを作成しておき、いざという時に実践できるように、常日頃用意しておくことです。

 

参考記事:https://www.entrepreneur.com/article/244219

from  Sunil John

ASDA’A Burson-Marsteller のCEOであり、20年以上に渡り中東の広報ビジネスに携わっている、PRのエキスパート。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です