2018/03/10

【地方の事業主必見】クラウドファンディング集客法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

Q.地方でエステサロンを運営しているのですが、ホームページを外注してSEO対策をしたりFacebook広告をかけても、ほとんど集客できていません。ホットペッパーでもそこまで広告費をかけられない状況で、他に地方集客のノウハウなどはありますでしょうか?

地方こそアナログ集客がベスト

確かにほとんどの女性はホットペッパーを見てお店を選んでいます。

その理由は、ホットペッパーしかないから(^^; 最近は、インスタグラムでお店選びをする若者も増えてきましたが、首都圏に比べればあまり活用できていないのも事実。

一方で、ほとんど広告費をかけなくても、毎日予約で埋まってしまう店舗も存在しています。それはなぜでしょうか?

やっぱりテレビや新聞の影響力は大きい

そうなんです。ネット社会と言われる昨今であっても、いまだに、”メディア”による影響はとても大きく、テレビやラジオ、新聞を見て来客される人が多いんです。

つまり、地方集客のキモは、メディアに取り上げられる=取材されるかどうかにかかっています。

共益性を重視するメディア

メディアに取り上げられるためにはどうすればいいか。

それは、公共性や公益性がある商品・サービスまたはイベントを行うこと。

自分たちのお店が儲かればいい、宣伝できればいいというものでは、メディアから取材を依頼される可能性はゼロ。

地元のためにあなたの会社が何ができるかを考えなければいけません。

あなたの会社はどんなビジョンがありますか?ぜひ、考えてみてください。

英語圏では当たり前 クラウドファンディングによるテストマーケティング

そして今、最もローカルビジネスで注目を浴びているのがクラウドファンディングを活用したテストマーケティング&宣伝法です。

以前、クラウドファンディング初級講座の講師としてお邪魔させて頂いた、青森県八戸市の受講生の方が、クラウドファンディングにチャレンジをして、見事目標の金額以上の資金調達を達成。

何より、地元メディアに取り上げられ、認知度はさらに高まりました。

クラウドファンディングを行う目的の一番は、資金調達だと思われがちですが、調達した資金のほとんどは、あなたの手元に残ることはありません。

当然といえば当然ですが、あくまであなたのやりたい事業に対するものであり、リターンに魅力を感じて投資してくれた人がほとんど。

リターンに掛かる経費がほとんどになるため、利益につながるというわけではありません。

それでも、公益性のある企画であれば、あなたの応援者=ファンがたくさん集まる可能性はありますし、メディアにも取り上げられる可能性もかなり高まります。

ローカルビジネスにおける名言?!

アメリカで行われているビジネスセミナーなどでは、よくこの言葉を耳にします。

People don’t like to be sold.But people love to buy.

人々は、売られるのは好きではない。けれど、買うのは大好きだ。

何でも手に入る時代だからこそ、お客が欲しいものは”共感”できるモノ。

なぜ、その商品を販売したいのかという理由で買う人が増えているんですね。

まさにクラウドファンディングは企画力の勝負。ぜひあなたの会社でも、なぜやるのかを企画にしてクラウドファンディングでメディア取材~集客ツールとして活用してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.