2018/02/21

動画マーケティング開始前にチェックすべき3つの要素

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

動画コンテンツの活用を考え中の事業主には、導入前に明確にしておくべき項目があります。今回は、その3項目をご紹介します。

「流行っているから」と、勢いだけで初めてもダメです。

何事も最初からうまくいくものではありませんが、特に先に述べたやり方だと「何がよくなかったのか?」を掴めない結果になってしまう確率が高いです。ぜひ、下記のポイントを押さえた上で、動画コンテンツのように取り掛かって下さい。

動画マーケティングの基本ポイント

ライバルがやっていないことは何か?

他の人が気づいていない面白いキーワードを拾える個人・企業ほど成功します。多くは、ライバルが「やっていること」にフォーカスしがちですが、あえて「やっていないこと」を探してみると良いアイデアを得られる確率がアップします。

そのコンテンツは見る価値があるか?

キーワードは、エゴ・情報・感情です。

エゴ:視聴者が、あなたのコンテンツを見ている自分を「かっこいい」「魅力的だ」と感じるか?

情報:知る価値のある情報が含まれているか?

感情:感動させたり、楽しませたり、視聴者の心を動かす内容・構成になっているか?

自分にあった使い方ができているか?

動画コンテンツビギナーからヘビーユーザーまで、それぞれに適したマーケティング方法があることを心得ましょう。

ビギナー:まずはFacebookやInstaramでのショートムービーの配信から始めて、まずは「動画」のメリットを生かして、人の関心を集めることにフォーカスします。

ミドルユーザー:説得力のある動画を作ることに専念しましょう。動画の内容を補強するデータを入れることで、動画の信ぴょう性はもちろん、配信元への信頼感をアップします。

ヘビーユーザー:商品やサービスの紹介・解説、数値の活用など、質と量の両方にこだわった動画コンテンツをどんどん配信していきましょう。そして、その中で、自分の型を見つけていくことです。

作る目的を明確にしてから

最終的に求められるのは、「質」です。

早く何か作って配信しなければ!と焦る気持ちもわかりますが、そういう時こと一旦立ち止まって、上記のポイントを確認してみて下さい。

時間の無駄といって、省かないこと。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.