「資格を取って終わり」状態から、問い合わせが後を絶たない人気講師となったカラーセラピストさんの話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプレナー通信運営スタッフ。

カラーセラピストとして副収入の確保を目指す、地方在住のYさん。

「子育てがひと段落して、自分の時間ができたので、資格を生かして収入を得たい」ということでお問い合わせ下さいました。

どうやって認知されるか?集客するか?

Yさん住んでいる地域には、もともと、カラーセラピー・アロマ・ダイエットなど、講師・コーチング系の活動をして副収入を得ている人が多く、彼女たちを見て「自分でも何か出来ないか?」と思い立ったそう。

そして、活動の参考しようと、同業者を含め、彼らが何を教え、それをどう見せているのか?どうやって収入を得ているのか?を調べた時、

  • 集客にかなり困っていそう
  • 「この人でなければいけない」理由が見えない

という2つの点に気がついたそうです。それと同時に、このままでは自分も彼女たちと同じ状況に陥ってしまう!とはっきり感じた、ということでした。

問い合わせを倍増させる「解説動画」の力

そこで、Yさんに紹介したのが、データを保管・共有できるアプリ「Dropbox」の例。

ユーザー数は全世界で5億人以上という、大変有名なサービスです。

下の動画は、Dropboxが作成した「サービス解説動画」で

  • コンバージョン率が10%アップ
  • 年間売上に5億円上乗せ

という成果の立役者になった、とされています。

その上で、Yさんに紹介したのは、ランディングページに

  • カラーセラピーとはどんなものか?
  • Yさんから学べることは何か?

の解説動画を貼り付けること。

実際に、この手法を導入したYさんのページにも、動画を見た方から問い合わせが入るようになったそうです。今では「小児科開業に当たり、親子でくつろげるプレイルームのカラーリングを相談したい」「好きな人を振り向かせるため、自分が最も魅力的に見えるカラーを知りたい」などの相談が増え、要望を受けてから勉強会を企画・開催するのが当たり前になっていたと言います。

人は、動画を見てから商品を購入する

Googleや海外のWebサービス企業のリサーチによると

ネットユーザーの50%が、商品やサービスに関する動画を検索してから、実際の店舗に足を運ぶ。

ミレニアル世代の3人に1人が、動画をチェックした上で、商品の購入やサービスの利用を決断する。

といった調査結果も出ています。

特に、ランディングページと動画は相性が良く、海外の公式HPやイベントページを見ると、その多くに動画が挿入されていることがわかります。

2019年までにweb上の情報の80%が動画になる

ともいわれていますから、今から、チェックしておいて、絶対に損はありません!

こういった感じで、勉強会の内容を動画にまとめて一部公開するのもアリです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプレナー通信運営スタッフ。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2018 All Rights Reserved.