ボードアニメーション活用事例:英会話教室・塾編

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプレナー通信運営スタッフ。

通信教育の教材のような動画が、誰でも簡単に作れちゃうんです。

今回は、事例ということで、濃い内容ではありませんが

実際に英会話教室で作るとしたら、

  • 基本文型
  • 時制
  • 助動詞
  • 副詞
  • 関係代名詞

というように、各項目で動画を用意して

授業内の教材として、授業ごの復習用教材として

活用することができます。

 

内容によっては、通信講座の動画コンテンツとして

配信することも可能です。

しかも、その通信講座の内容も、英語や数学のような教科に限らず、

料理やアロマオイルの使い方、マナーetc…

あなたがよく理解していること、かつ他の人が学びたいものであれば、

コンテンツとしてまとめて提供し、販売する価値はありますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプレナー通信運営スタッフ。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2018 All Rights Reserved.