2018/02/21

あなたが知らない動画コンテンツの事実 24選

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

今回は、動画(マーケティング)に関する2017年版 最新統計 をご紹介!


(参考:WordStream

動画コンテンツに関する24の事実

動画全体の需要

  1. Twitterユーザーの82%が、Twitterで動画コンテンツを視聴している。
  2. ネットユーザーの45%の人が、週に1時間以上、FacebookやYoutubeで動画を視聴している。
  3. Youtubeでは、毎日5億時間以上動画が再生されている。
  4. (アメリカの場合)1ヶ月間でネット上に投稿される動画の数は、TV業界が作成した30年かけて作ってきた映像コンテンツを超える。
  5. オンラインマーケッターの87%が動画コンテンツを使っている。
  6. Youtubeには、毎分、72時間分の動画コンテンツがアップロードされている。
  7. ネットユーザーの1/3が動画を視聴している。

スマホ・タブレットと動画コンテンツ

  1. 動画コンテンツの半数以上が、スマートフォン・タブレットで視聴されている。
  2. 8の視聴者の92%が、観た動画をシェアする。
  3. Twitterユーザーの90%がスマホ・タブレットで動画を視聴する。
  4. SnapChatでは、毎日1000万個の動画が視聴されている。

動画マーケティングの効果

  1. 世界的に活躍するマーケッターの51%が、利益率No.1のコンテンツとして動画をあげている。
  2. 動画コンテンツを利用しているマーケッターは、利用していないマーケッターに比べて、利益の伸び率49%が高い。
  3. 動画コンテンツを投稿すると、オーガニックアクセスが157%アップする。
  4. 2分以内の動画の成約率が最も高い。
  5. FBに動画を投稿する場合は、Youtubeのリンクよりも直接アップした動画の方が反応が良い。
  6. 動画を掲載しているサイトは、そうでないサイトに比べて+2.9%、平均コンバージョン率4.8%。
  7. 動画が添付されたメールのクリック率は、96%。
  8. 動画を投稿すると、サイト閲覧者が2~3倍になる。
  9. 動画を含んだ記事は、ない記事に比べて、内部リンクの効果を3倍にしてくれる。

おまけ

  1. 記事や広告のメッセージを、視聴者がどの程度理解できているか?を調べた統計によると、テキストのみの場合は10%、動画を含む場合は95%の理解度を示した。
  2. (調査時点まで)2017年のインターネット利用の69%が、動画コンテンツ。
  3. 2019年までには、動画コンテンツは、インターネット利用全体の80%に昇ると予想されている。
  4. インターネットを使用している時間のうち、平均88%が動画コンテンツに費やされている。

まずは1本、投稿してみよう

いかがでしょうか?ここまでの結果を提示されると、「動画を利用しない」という選択肢は無いように感じますね(笑)

Youtubeは言わずもがな、InstagramやFacebookでも動画やLiveの投稿を推奨していること、海外で続くShapchat人気を考えると、やはり、これからの時代は「動画」というキーワードを念頭において、アクションを起こしていくのが良さそうです。

 

追伸

海外のTV CMなど(意外に?アジアの作品も)は、特に動画が心を掴む感覚を感じられますよ。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.