2017/12/08

メアリエレン・トリビーに学ぶビジネス ファンダメンタル 4原則

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

この話は、MaryEllen Tribbyというインフォビジネス業界では超有名な女性起業家がウェビナーで語っていた内容を元にオリジナルにまとめたものです。

MaryEllen Tribbyってどんな人?

MaryEllen Tribby氏は、インフォビジネス業界では誰もが知る有名女性経営者で、彼女が立ち上げた「Working Moms Only http://workingmomsonly.com/」の運営者でありながら、売り上げ30 億円以上を誇るニュースレター会社Early To RiseのCEO も務めた人です。

その彼女が、あるウェビナーで語っていたことがビジネスファンダメンタルについて。

ファンダメンタルとは、基礎の~とか基礎的条件と訳されることが多く、今回は”ビジネスにおける基礎的条件”について語っていました。

修理代の価値はいくら?

ある田舎町にある工場からいつも使っている機会が故障してしまったという連絡が入りました。電話をかけたのは、工場長で受け取ったのは近所に住む修理工です。

工場長と修理工には近所というだけで仕事上での付き合いは一切なかったそうです。15分ほどしてその修理工が工場に到着。早速、機械の様子を見た後、あるひとつのボルトに原因があるとわかり、そのボルトを取り替えました。

結果、数分で機械は治ってしまいました。

工場長は大喜びし、修理工にいくら支払えばいいか?と聞くと、修理工は平然と「1000ドルです。」と答えたそうです。日本円で10万円ちょっと。当然、工場長は法外だと激怒したところ、修理工は次のように答えました。

”この機械を数分でで修理できるようになるために、私のすべての人生をかけてきたのです。その価値はあなたにもわかるはずです”と。

MaryEllen Tribby氏は、これこそがビジネスファンダメンタルだと語っています。

ビジネスにおける4つの原則

ビジネスファンタメンタルには4つの原則が存在します。

1.マインドセット

企業や起業家には、コーポレートカルチャーが必要です。具体的には、ミッション・ビジョン・コアバリュー。何のために、何を行い、何を大切にしていきたいのか。これは企業の大小にかかわらずあるとないとでは結果に大きな差が生まれます。

2.DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

もし自分の会社が年商10億円以下なら、ブランディングの前にダイレクトレスポンスマーケティングを行うべき。ほとんどの企業はブランドイメージばかりに気を取られ、すぐに結果が出せるダイレクトレスポンスマーケティングを重要視していない。

優れたマーケティングはセリングを不要にする。

セリングではなくマーケティングを行うことに全力を注ぐこと。

3.リスト

ダイレクトレスポンスマーケティングは、良いオファーと良いコピーを良いメディアを使ってよいリストに流すこと。つまり、良いリストがあれがセリング不要で結果を出すことができる。

リストは数ではありません。質を大切にすること。

また、最近では、よりコミュニティの重要性が増してきているように思えます。これからは、リストを作るというよりもコミュニティを作る
と考えたほうがいいかもしれませんね。

4.マネジメント

起業家にとっての強みは弱みになることも多い。例えば、1つのプロジェクトを立ち上げ、実行している最中に、新たな事業モデルがチャンスだとわかり、プロジェクトが途中にもかかわらず新たなプロジェクトを立ち上げてしまいます。

これは一見、複収入が入る仕組みづくりのように見えますが、実はこの時点ではまだ売り上げが1円も上がっていないことがほとんどで、結果として売り上げが少なくなってしまうまたは、1円も売上が上がらないで終わってしまうことが多いのです。

1か月で100万円の収入になるプロジェクトが3つあったとしましょう。3つのプロジェクトを同時にスタートさせるべきか。それとも、3つのプロジェクトを1つずつ1か月ごとにスタートさせるべきか。

多くの起業家は前者を選んでしまいがちですが、正解は後者。

なぜなら、収入というのはプロジェクトが終わった時初めて、あなたの口座に入金させることが多いから。つまり、前者の場合は3か月後に300万円入金されるのに対し、後者は毎月100万円ずつ入ってきます。

キャッシュフローは1日でも早いほうがいいのに決まっています。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.