2018/02/21

【ペルソナマーケティング】理想の顧客を設定するコンプレックス・アプローチとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

世界で最も有名なマーケッターのひとり、ダン・ケネディー氏は、

私の主張はターゲットの見込み客や見込み顧客を本当に理解することが、マーケティングの成功において他の要素よりも重要であるという事だ。

と語り、ビジネスにおいて顧客への理解がどれだけ重要なのかがわかります。

あなたにとって理想の顧客は誰?

大手企業から個人でビジネスをしている事業主まで、ほとんどの会社は”顧客”への関心よりも、”自社製品やサービス”に夢中になってしまっています。

反対に、もしあなたがあなたの理想の顧客を特定し、隅々まで理解できるようになれば、圧倒的な変化が生まれるでしょう。そのためには、リサーチが最も重要です。

コンプレックス・アプローチ

顧客をより深く理解するために、理想の顧客をイメージながら、以下の3つのポイントを考えていきます。

1)BELIEF(信念)

あなたの理想の顧客は、今現在、何を信じているでしょうか?

2)Emotion(感情)

あなたの理想の顧客は、どんな不安や不満 恐れを持っているでしょうか?

3)Desire(欲求)

あなたの理想の顧客は、何を欲しているのでしょうか?
あなたの理想の顧客は、あなたに何を手伝って欲しいのでしょうか?

答えはないということを理解すること

理想の顧客を設定する=リサーチするときは、答えを探そうとしないこと。

当然ですが、相手に対して”これが正解”というものはありません。全員人間ですから、これがあなたです!なんてありえないですよね。

リサーチをするときは、まず”手掛かり”を探すこと。その手掛かりをつなぎ合わせていきながら、理想の顧客を設定しましょう。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.