2018/05/06

素晴らしいコピーとヘッドラインを作る「4Uの法則」とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

 

最も有名なコピーライターのひとり。

Michael Masterson が提唱する4Uの法則。

4つのU

 

この法則は、セールスレターを書く時だけに限らず、ブログやメールマガジン、チラシやDMにも今すぐ活用できる方法です。

何かを書く時 特に何かを販売したいときには4つのUが入っているか。チェックリストを作ってチェックすることをおススメします。

1.Urgent

 

1つ目のUはUrgent:緊急性という意味。

つまり、今すぐ解決できなければいけない問題と解決策を提示できているかどうか。

これから書こうとしているものは本当に緊急性があるだろうか。今すぐ解決しなければいけな問題なのだろうか。

顧客の視点で考えてみること。

 

2.Unique

 

2つ目のUはユニーク。

USPという言葉があるように、他との違いを明確にするためにユニーク性は必須条件。

あなたはほかの会社と何が違うのか?何を約束してくれるのか?を明示できるかをチェックすること。

 

3.Useful

 

3つ目のUは、Useful:有用。

その商品やサービスは実際に自分に有用なのかという意味もありますが、コピーで最も重要である”証拠”を魅せろという意味合いでもUsefulというキーワードはよく使われます。

つまり、それは本当に使えるの?に応えるための”証拠”を提示できているかどうかをチェックするためのキーワード。

 

4.Ultra Specific

 

最後のUはUltra Specific:超特異的なという意味。

ピーターティールのZERO TO ONEでも語られていますが、成功している企業は必ず独占していないように見せかけて市場を独占しているということ。

それはつまり、超特異的なモノを持っている証拠でもあります。

独占市場を構築できるだけの超特異的なものになっているかどうか考えてみること。

 

Urgent、Unique、Useful、Ultra Specific。

4つのUで「人を動かすコピーライター」に成長していきましょう。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.