2018/02/21

Fake Entrepreneur:ニセ起業家の時代

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

We have just lived through the greatest era of fake entrepreneurs. (僕たちは、”なんちゃって起業家”が蔓延する時代を生きている。)

そう語るのは、VaynerMediaの共同創業者・起業家・ベストセラー作家、講演家のGary Vaynerchuk氏。

毎年1000人以上の起業家(志望)と接し、ビジネスに関するアドバイスをする中で、ひしひしのそのことを感じているんだとか。

「事業主」「起業家」と名乗れるだけの思いがあるか?

Gary氏曰く、講演の中で、自分の経験を例に出しながら、諦めずに取り組むことよって結果を出せる!とオーディエンスを励ます一方で、そのほとんどが、そのための努力をしないこと・十分なスキルを持ち合わせていない人が多いという現実があるとのこと。

例えば、あなたがラッパーになりたいとしよう。ラッパーとして成功するためには、本来、確かなスキル、圧倒的な才能が必要だ。

しかし、今は「起業家」「事業主」「フリーランス」のキラキラしたイメージだけが先行して、内実を伴わず、そう名乗る人が増えている。

とはいえ、そのブームのおかげで「起業家」として多くの成果を出している僕に、講演会等のオファーがくるんだけど…

”なんちゃって”起業家・事業主の特徴

それでは、本物の起業家・事業主が持っていて、なんちゃって起業家・事業主が持っていないものは何か?Gary氏が考える、具体的な思考やスキルは、次の通り。

  • 夢・野望がない。
  • 欲がない。
  • 冒険・挑戦をしたくない。
  • リスクを犯したくない。
  • 情熱がない。(あるようで本当はない)
  • 犠牲を払いたくない。
  • 行き当たりばったり。
  • 自立心がない。
  • お客さんの気持ちを理解できない。想像しない。
  • 忍耐力がない。

こういう人たちに限って、Gary氏のアドバイスを聞き入れようとしない傾向があるそうです。

あなたは本当の起業家・事業主か?

FacebookやInstagramでは、シゴトが忙しい!楽しい!雰囲気を演出していても、実際のところ、メンタリティが伴っていないと起業家・事業主としてやっていくのは厳しい。

「起業家です」「フリーランスです」と言うのは簡単ですが、それで収入を得るには、お客さんの問題を解決して、お役立ち料を頂かなければなりません。自分なら、冒険したくない、情熱がない、リスクを取りたくない、という人にお金を払って何かをお願いしたいと思いますか?

自分はそう名乗れるだけの強い思いがあるか?その責任を取る覚悟があるか。

あなたがフェイク起業家と呼ばれないためにも、もう一度自分の在り方について考えてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.