2018/02/21

集客にも売上にも繋がらない、InstagramのNG行為って?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

今回の質問:

写真の質、ハッシュタグにも気を配って投稿していますが、いつまで経っても効果が見えません。

一体、何が問題なのでしょう?

「繋がり」が重要視されている

少し前に、ライブ・ストーリーズ機能がリリースされ、フォローするインスタグラマーのリアルタイムまで見ることができるようになりましたね。

Instagramのプロダクト開発担当者曰く、この機能によって、ユーザー同士の繋がり=あなたとオーディエンスの繋がりが、より深まる効果が期待できるとのことです。

それにも関わらず、投稿へのいいね!が増えない、フォロワーが増えないなら….

無意識のうちに、インスタグラマーユーザーが嫌煙するような投稿スタイルを取っている可能性があります!

InstagramのNG行為

内容のない投稿をしている

写真は綺麗だけれど、その下にある文章に全く意味がない。あなたのサービスやプロダクトと全く関係ない投稿をしている。等….大切なのは、量より質を意識することです。

多くの事業主は、量を更新することにフォーカスしがちですが、これはNGです。見込み客が、思わずいいね!したくなる、コメントしたくなるコンテンツになっているか?投稿前に確認しましょう。

bot化している

意味のない投稿やフォロワーを増やしたいだけのコメント連投は、アカウントの質を落とします。Instagramも、スパム系・ボット系アカウントの追跡・取締を強化し始めていますから、度を超えるとアカウント削除される可能性もあります。

このブログを読んでくださっている方であれば、そういった使い方をされている方はいないと思います。逆に、そういったアカウントから意味もなく絡まれた場合は、コメントやタグ付けを削除するなどして、自アカウントを守りましょう。

コピー&ペーストをしている

時間短縮にはなりますが、テキストやハッシュタグの効果を激減させてしまうのが、コピペ投稿です。

関連するハッシュタグを様々付け替えることで、リーチ数とその質が全く変わってきますので、ぜひここには時間をかけましょう。以前の記事でも書いたように、関連するキーワードを書き出して、それぞれの反応を見ながら、自分に最適な=見込み客のニーズとマッチするハッシュタグを探し続けることが大切です。

何故Instagramをやるのか?考えるべし

「NG行為」ということで紹介してきましたが、実は、Instagramユーザーのほとんどが上記のスタイルでしています。もちろん、NG行為をしていても、ある程度までフォロワー数を増やすことができますが、ビジネス活用する際フォーカスすべきは、フォロワーの質です。

なんのためにInstagramを使うのか?問い直しながら、自分にあった投稿スタイルを身につけていきましょう。

おまけ:今すぐ成果を出したい方へ

NG行為だけでは寂しいので…今すぐ実践できるフォロワーアップの基本アクションをご紹介。

  • 返答は早く

ーいいね!やコメントには、できる限り早く返しましょう。

  • 内容のあるコメントを残す

ー「素敵な写真ですね!」「Nice!」といった、ありきたりなコメントではなく、相手の印象に残るようなコメントを残しましょう。

  • 関連商品を紹介する

ー知り合いのサービスやプロダクト、お気に入りのアイテムなどを積極的に紹介しましょう。

  • ダイレクトメッセージをチェック

ー忘れられがちですが…ここからコンタクトを試みる方が結構いるようです。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.