2018/01/03

How to Have a Good Day:私たちの「充実した1日」を創る7要素

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

「 Have a nice day !(良い1日を)」:誰しも使ったことのある又は、使われたことのあるフレーズでしょう。

とはいえ、実際のところは、いかがでしょう?1日の終わりのテンションは「今日も良い1日だった」と「今日もイマイチだったな」と、どちらの気持ちに近いですか?

「充実した1日」とは?

今回は、元マッキンゼーコンサルタント Caroline Webbさんの著書「How to Have a Good Day」より私たちの充実感を構成する7要素をご紹介します。

Priorities:優先順位

1日の時間をどう使うか?目的に沿ってすすめられた。

Productivity:生産性

1日を通して、各項目に求められるキーワード。

Relationships:協力・コミュニケーション

周囲と協力して、効率よくシゴトができた。

Thinking:思考

賢い選択、クリエイティブかつスマートなアイデアを出すことができた。

Influence:影響力

自分の発言や行動が周りの人に大きな影響を与えた。

Resilience:克服

失敗や不安を乗り越えることができた。

Energy:エネルギー

熱中できた、楽しめた。

「Nice day」は自分で創る

日々生活していると、自分でコントロールできないことも多々ありますが、それでも、上記の7要素は自分の心がけ次第で達成することができます。ちょうど7項目ありますし、全て一気に実践するのは大変ですから、曜日ごとに意識する項目を変えて徐々に全要素を身につけていくのも良いでしょう。

比較的わかりやすいので、マインドが変えられずに悩んでいる、という人も、まずは習慣から変えていくつもりでチャレンジしてみることをオススメします。

こちらの記事も合わせてチェック

Lifestorming:人生をリデザインする思考・習慣

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.