2018/01/03

楽しく上手にお金とつきあう

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

 

ここ数日で、新しく立ち上げたウェブサイトに

働かせてほしいというメールを
2通もらいました。

 

地元で起業したにもかかわらず、

実際は盛岡と東京の往復の日々だったので、

「一緒に働きたい」
と言われた時はとても嬉しくて、

同時に、自分のことで精一杯な状況で
雇うことができず悲しくもなりました。

 

自分がどう生きていこうか。
何のためにこの仕事をしているのか。

そのとき、
ふと思い出した逸話があります。

おばあちゃんの話

人口3000人ほどのある村で、
78歳のおばあさんが亡くなりました。

 

葬儀をあげたところ、
村民の半数以上が参列されたそうです。

村長が亡くなっても、
700人程度の参列者だったのに、

そのおばあさんの葬儀には
1500人もの人が参列したのです。

 

このおばあさん、
55歳頃まで小学校の先生をしていましたが、

ほかにはとくに
目立ったことはしていませんでした。

 

ただ、一つだけ特別なことを言えば、

死ぬまで
自分の教え子の店でしか
物を買わなかったそうです。

 

村に、大型スーパーや
ディスカウントストアができても、

おばあさんはスーパーより
2、3割高い教え子のお店にしか行きませんでした。

 

そのおばあさんは、
いつもお店の人たちから、

心の込もった、
万感の思いを込めた

「ありがとうございます」
という言葉を浴びて暮らしていました。

 

「どこでもいいから、1円でも安く」ではなく、
喜ばれるお金の使い方を実践していたのです。

その結果、
お金に困れない人生をまっとうし、

おばあさん自らが
喜ばれる存在になっていた。

楽しく上手にお金とつきあう 小林正観 より

 

起業家として、
経営者として、
なぜお金を稼ぐのか。

 

何にそのお金を使いたいのか。

あらためて考える
”きっかけ”になった1日でした。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.