2018/01/03

The Power of Negative Thinking:ネガティブ思考のススメ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

「ポジティブ思考」なんてものは、母親が幼い我が子に掛ける、甘く優しいささやきと一緒だ。

という辛口の冗談で、「ポジティブ思考」を批判するのは、NCAA Division(全米大学体育協会が主催するバスケットボールトーナメント)で過去3回チームを優勝に導いた、有名バスケットボールコーチBob Knight氏。

試合前のルーティーン

Knight氏曰く、試合前には必ず

  • もしもミスをするとしたら、どこでどうミスをするか?
  • 相手がミスをしたら、どこでどうミスをするか?

と、ネガティブな想像を巡らせるそうです。

というのも、Knight氏の経験上、調子のいいチームや大事な試合ほど、思いがけないところでミスが出てくることがあるから。

定説の逆をいく

一般的に「成功を見える化すること」「うまく言っているイメージを持つように」と言われますが、Kight氏が敢えて「失敗を見える化する」のには理由があります。それは、起こり得る良くない出来事を細部まで想像し、前もって解決策を準備し、すぐに対応できるようにするためです

「うまくいく」というイメージだけで物事に向かうと、万が一何かが合った時、冷静に対応できない可能性が高くなります。

不安や恐れにフォーカスする

以前紹介していた、Tim FerrissのTED talk「Why you should define fears instead of your goal.(なぜ、ゴールを決めるより先に不安や恐れを定義すべきなのか?)」でも、Knight氏の意見に近い内容が紹介されています。

自身の経験を元に、次の行動を起こす方法として、「恐怖を明確化」することをススメています。自分にとってネガティブな出来事が起きた時に、どうやってそれを解決するか、一つ一つ明らかにしていくことで、本物の自身=ポジティブイメージを持つことができる、という内容です。

ポジティブなネガティブ思考

Knight氏もFerriss氏も敢えて「ネガティブ思考」になることを勧めているますが、これは結局「ポジティブ思考」へと繋がっています。

ネガティブ思考の生で、起こり得る失敗や不安・恐怖に細かく目がいってしまうものの、可能な限りそれらの解決策を用意して挑むことができるため、最終的には少なからず「自信」がアップした状態で、本番に挑むことができるという訳です。

ものの見方を変える、とはまさにこのことですね。ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.