2018/02/21

起業家が考えるべき、成功と習慣の関係

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプレナー通信運営スタッフ。

起業家向け書籍紹介サイトのオーナーであり、マーケッターでもあるMichael Blankenship氏の習慣と成功の関係に関する記事をご紹介します。

悪習慣は、成功を妨げる?

スティーブ・ジョブズは、公衆衛生に程遠い暮らしをし、ウォルト・ディズニーは、日に3箱タバコを吸っていました。マイケル・ブルームバーグ(NY市長)は、ナトリウム依存症です。

注目すべきは、そういった習慣や嗜好の問題を抱えならがも、彼らが、世界中の誰もが知る大成功を収めていることです。このことから推測できるのは、習慣や嗜好の良し悪しではなく、彼らの思いの強さやキャラクターに依る、ということです。

下記は、22人の起業家が暴露した自分の悪習慣リストです。

起業家 22人の 悪習慣リスト

  1. 一度にたくさんのことをやろうとする。
  2. メールチェックで一日が始まる。
  3. 過去に生きている。
  4. 仕事に力を注ぎ過ぎている。
  5. 後回しにする癖がある。
  6. 仕事をする必要がないのにしてしまう。
  7. 気が散りやすい。
  8. メールチェックに時間がかかる。
  9. テレビに夢中。
  10. 孤独である。
  11. イエスマンになっている。
  12. 忙しい方を選ぶ。
  13. 朝きてすぐ、携帯をチェックする。
  14. 脇道にそれる。
  15. 同じことについて繰り返し考える。
  16. ゲームに夢中。
  17. 複数の仕事をこなす。
  18. メールにペースで集中力が切れる。
  19. 満足することがない。
  20. 理想の自分を見失いがち。
  21. テレビを見ながら仕事をする。
  22. いつもGmailを開きっぱなし。

自分のシゴト効率を下げる習慣は何か?

自分の「悪習慣」としてあげられた22の項目ですが、この悪習を実践している人たちは、全員ビジネス成功者です。つまり、世の中の悪習は、彼らの成功に関係ない、または、逆に成功の可能性を増やしている、という見方ができるというわけです。

大事なのは、自分の気持ちに誠実に、結果的に見て、どんな習慣が自分にプラスになっているかを見極め、周りは気にせず、堂々と実践していくことです。

周りの人とシェアしよう

どんな習慣が自分にとってプラスに働くのか?マイナスに働くのか?ぜひ、家族や同僚、友人にシェアしましょう。シェアしておくことで、あなた自身がシゴトをしやすくなりますし、周りの理解も深まるはずです。

 

いつまで経っても思うような結果が出ないという方は、、自分のパフォーマンスを下げている / 下げている 習慣は何か?自分を偽った、習慣やモチベーションを実践していないか?ぜひ、今一度、自分の習慣を振り返ってみてください。

記事元:http://www.success.com/article/22-entrepreneurs-reveal-their-worst-habit

From Michael Blankenship

BOOKTREPオーナー。マーケッター、ライター。

Twitter:@Mike_R_Blanke

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプレナー通信運営スタッフ。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.