キャッシュ・モブ 新時代の集客法

2018年2月21日

小予算であなたのお店が大手ポータルサイトや地元の新聞に取り上げられる方法をご紹介。

まずは事例動画をチェック

フラッシュ・モブを一躍有名にしたのがマイケル・ジャクソンのトリビュートダンスでしょう。

プロポーズの動画も有名ですね。

世界にはたくさんの種類がある○○モブ

フラッシュモブ以外にも、最近では、ファッション・モブやキャッシュ・モブに注目が集まっています。

ファッション・モブは、特定のファッションを応援する人たちが集まりファッションショーを開催。地元のショッピングモールなどで老若男女関係なく登場する機会も増えています。

一方、キャッシュモブは、地元の商店街や特定のお店を応援するためにソーシャルメディアなどを通して共感者が集まり、お店の前でイベントを行ったり、小さなお店に突如としてたくさんのお客さんが商品を買うなどのサプライズをします。

地元貢献にもなりますし、新しいムーブメントを起こすことも可能です。

メディアが放っておく訳がない

こんな素晴らしいイベント。当然ながらメディアも放っておく訳がありません。事前にフラッシュモブを行うことをメディアにプレスリリースをしていれば、ほとんどの場合、取材に来てくれます。

なぜなら、お店の宣伝 ではなく、みんなが楽しむ 公共性のあるイベントとして告知しているためです。日本では、まだまだフラッシュ・モブをサポートする企業が少ないのが現状です。

地元のお店や人とのつながりをつくるのは、地元に住む住人たち。ソーシャルメディアというとても便利なツールをフル活用して、人とのつながりをつくる道具として次世代の集客法を活用してみてはいかがでしょうか?