悪魔の法則

日本のテレビ局を始め、世界中でトレンド化させようと動いているコンセプト SDGs(エスディージーズ)。

あわせて読みたい
SDGs(持続可能な開発目標)17の目標&169ターゲット
SDGs(持続可能な開発目標)17の目標&169ターゲット 今回は、SDGsの17の目標 169あるターゲットをご紹介していきます。1.貧困をなくそうあらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つターゲット1.12030年まで...

サスティナビリティーという言葉も含め、特に問題はないコンセプトに見えますが、実際はあまり流行っていないのが実情です。

Googleトレンドでリサーチしても、トレンドとしての伸びとしては急上昇していますが、検索ワードとしては”投資”関連がほとんど。
 

つまり、投資家がSDGsに対応する企業にシフトしているために、企業はSDGsになんとか参画しようとしているだけであって、一般消費者が熱狂的に取り組んでいるかと言えばそうではありません。
 

一方で、SDGsの問題点 や SDGs 資格など、どうビジネスに活かせるかを考えている人に需要がありそうです。

 

このことから起業家として考えなければいけないのは、

人はロジック=正しさ ではなく
「感情」で動く動物だということ。

・起業家は人の役に立つことが使命
(おっしゃる通り)
 
・これからは環境に配慮して、持続可能な製品やサービスを提供しなければならない
(おっしゃる通り)
 
・英語を読めるようになりたければ、単語を最低3000語以上 できれば6000語以上覚えること
 
 話せるようになりたければ、オンライン英会話を活用して、毎日30分フリーで会話をすればいい
(おっしゃる通り)

・痩せたければ、基礎代謝を上げ、
 摂取するカロリーを減らせばいい
(おっしゃる通り)
 
・そんなに会社に文句があれば、
 会社を辞めればいいじゃん
(おっしゃる通り)

  
なのですが、
正しいことだけでは動かないのが人間です。

 

実際、健康志向が高まっていると言われているにもかかわらず、サラダマックはほとんど売れず。ギガマックがバカ売れしたのが現実。

 

コンビニでも1日分の摂取カロリーを大幅に超えるカップ焼きそばが売れていたり、大盛弁当が好評を博しています。

 

では、起業家が正しいことを伝え、役に立つことだと信じていることをビジネスにしたい場合はどうすればいいのか。

それは”ストーリー”で売るしかありません。

 

目次

ストーリーで売るための参考動画として

 

個人的に好きな動画として。 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる