2019/04/18

非プログラマーのChad Muretaが、アプリで1300万/月稼いだ方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

今回の質問:

これから安定的に稼いでいく為に、プログラミングが出来るようになりたいと思っています。

テック系知識ゼロの私でも、プログラミングでお金を稼げものでしょうか?

これからの時代、プログラマーはますます必要とされる職業ですし、学んでおいて絶対に損はないスキルですが、一朝一夕でなれるものでもありません。

その上で、実は、コーディングをマスターしていなくても、プログラマーのように稼げる方法があるのです。

今回は、非プログラマーにも関わらず、アイデアを生かして、アプリを企画・リリースし成功を収めた 若手ミリオネア Chad Mureta氏のエピソードをご紹介します。

病院で得た、アプリのアイデア

Chad氏が、アプリ「 Fingerprint Security Pro app」の企画を思い浮かんだのは、思いがけず、病院でした。

バスケットボールの試合観戦の帰り、事故に合ったChad氏は、病院に運ばれます。その時に、身元確認の為か、医師たちが、自分のスマートフォンを開いて見ていることに気が付き、初めて「スマートフォンのセキュリティ」に着目したそうです。

そして、入院期間中、色々なアプリをダウンロードしては、どんなアプリが人気で、それは何故か?を研究していました。

コーディングが出来なくても、アプリは作れる

プログラミングのスキルがなかったChad氏は、退院後、白羽の矢を立てたプログラマーの1人に、アプリの企画書を送りました。テック系の知識はないものの、その企画力とビジネスセンスを買われ、無事、アプリの立ち上げを承諾してもらうことが出来ました。

そしてその3ヶ月後、彼が考案したスマホの指紋認証アプリ「 Fingerprint Security Pro app」はApp Storeで売り出され、初月で1300万円を超える売上を達成しました。

 Chad氏が考える、80:20の法則

その後、会社を立ち上げたChad氏は、同じ方法でいくつかアプリをリリースします。その中には、毎月300万を超える売上をただき出すものもあり、会社を立ち上げから1ヶ月後、会社の利益は1300万円を超えていたそうです。

それからさらに2年後、立ち上げた3つのアプリ会社を売却したChad氏は、ミリオネアの仲間入りを果たしたのです。

あるインタビューで「成功の秘訣」について聞かれた彼は、次のように答えています。

ビジネスの成功のうち、80%はビジネスオーナーの人の気持ちを理解する力、20%は技術屋のスキルにかかっています。だから、もしあなたが、人の気持ちを組むことが得意なら、あとは、それを形にできる人を見つければいいだけです。

今後ますます伸びる、アプリ事業

2008年に、App StoreとAndroid Market(現在のGoogle Play)が立ち上げられて以来、アプリのダウンロード数は年々増加を続けており、2017年の終わりには、

総ダウンロード数:268億個

売上:約8.6兆円

にも上ると予測されています。

現在では、プログラミングの知識がない人でもアプリを作ることができるツールが数多くリリースされていますから、本格的なプログラミンを学びながら、企画力を磨く為にも、利用するも良いでしょう。無料である程度のアプリを作ることができるツールもあり、誰でも簡単に挑戦することができます。

 

(おまけ動画:Chad氏が語る「アプリデザインの流れ」)

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.