Q.昨年、事業主としてオリジナル商品を開発しスタートしました。けれど、ほとんど売れることなく、今は貯金を切り崩して生活しています。どうすれば、売上を上げることができるのでしょうか?

A.売れるかどうかわからない商品は一旦売るのをやめよう

最近面白い話を聞きました。それは、あるデザイナーがカフェの打ち合わせでクライアント新デザインのプレゼンをしていたのですが・・・

〇〇さん 今回のデザインは本当にすばらしいものになりました。設計もUI(ユーザーインターフェース)も過去にないほどの出来栄えです。ぜひ、御社で使って頂けませんか?

自信満々でオファーをするデザイナー。しかし、相手のクライアントは納得していない模様。それはなぜなのか。

デザイナーだけではなく、起業家や事業主でも同じ過ちをしてしまっているのですが、本人はなかなか気づけないものです。

では、どんな間違いかというと。

Nobody Wants To Use Your Product

そもそも、あなたの”オリジナル商品”に興味はありません。特に、実績のない新人が作ったモノは・・・

クライアントが欲しいものは”結果”です。いい商品ではありません。

つまり、既に売れた商品(結果が出ている商品)が自社でも扱えるのであれば、売れるかどうかわからない商品を手にするより即決で購入してくれる可能性が高まるということです。

しかし現実は、自分の商品を売りたい人ばかり。

Done For Youを売れ

そこから導き出される答えは、売れた商品を売ることが最も儲かる方法であること。

特に、Done For Youあなたの代わりに私がやってあげます(結果をお渡しします)という商品は高値で取引されています。

例えば、セールスレターの穴埋め式テンプレート。

業界ごとのセールスレターを作成しておいて、クライアントによって記載する内容が変わる部分だけ穴埋め式にしておく。

すると、クライアントはコピペして必要な情報を埋めれば完成。既に成果が上がっているレターなら、大きく結果が変わるということは考えにくいので、セールスレターの教材よりも高額で購入してくれます。

その他にも、パブリックドメインリセールライトを手に入れて、過去に売れた情報やプロダクトを販売できれば、オリジナル商品より売れる確率は圧倒的に高まります。

何より、今日からすぐに売上を上げることもできますからね。

売上を上げるためにも、冷静にクライアント目線に立ち、売れた商品を販売することをスタートしてみてはいかがでしょうか?

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です