イノベーションを考える前に今すぐに起業家や事業主が出来ること。それは、すでに或るモノを使って無い価値を生み出す仕組みであるRe:マーケティングです。

Re:マーケティングの一例

これからの時代は、

1.或るもので無いものをつくる
2.全く新しい価値観のものを生み出す

の両極端の価値が登場します。

Re:という言葉は最近ではメールの返信という意味で使われますがベースとなるキーワードが辞書でみると、後へ、元へ、さらに、再びという4つの意味がありました。

その言葉を軸に、私たちが提唱するRe:マーケティングのキーワードとして、例えば・・・

・Reduce
・Reuse
・Recycle
・Reduce
・Rebirth
・Reborn 
・Re build 
・Re cast
・Re value
・Re branding
・Re positioning
・Reform
・Renovation
・Remake
・Replace
・Repair

・Revival

などなど、数を上げればキリがありませんが、ゼロから価値をつくるのではなく価値の再興からビジネスを展開することはかなりの可能性があるのです。

iPhone修理へのニーズと参入商機

Re:マーケティングのうちのひとつ。RepairというキーワードでiPhone修理のニーズは年々高まっています。

特にアメリカでは、https://www.ifixit.com/ のような修理専門サイトがあるなど公認店に修理をお願いすると高額になることを避けるために修理用の道具やDIY出来るキットなどを販売 提供するビジネスが増えてきました。日本でもまだまだ需要として伸びる状況になっています。

まずは今或るモノをチェックする

Re:マーケティングを実践するためのファーストステップは、あなたが持っているものをテーブルの上に並べることです。

例えば、

・過去の経験
・資格
・実績
・人脈
・スキル

など、すべてを洗い出した上で、今までとは違う視点からどんな人の役に立てそうかを考えてみる。そして、相手がハッピーエンドになる新しいストーリーを考えてみる。その方法こそビジネスモデルリノベートの第一歩でもあるので、ぜひやってみてくださいね。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です