2018/02/21

楽しそうに見せかけて、実はSNS更新が辛いワケ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

事業主のみなさん。正直なところ、毎日のSNS更新に疲れていませんか?

「YES」と答えたあなた。今回の記事で紹介するのは、ウェブマーケティングのエキスパーSamuel Edwards氏が分析する、あなたがSNSの更新を苦痛に感じてしまう原因です。

実は、SNSにウンザリしている事業主たち

ソーシャルメディアがビジネスにおいて重要な役割を果たしていることは、ビジネスをしている・学んでいる人なら誰もが知るところです。実際に、ソーシャルメディアをうまく活用して、大きな利益を上げ続けている企業・事業主も数多く存在します。

とはいえ、こういったマーケティング手法を非難する人ももちろんいます。初めから食わず嫌いでこのような反応をする人もいますが、最近では、実際に使う中で更新に苦痛を感じるようになり、アンチSNSになる人も多くいます。

SNSの更新が苦痛になるワケ

ソーシャルメディアの影響力はわかっているけれど、何を投稿したらいいかわからないし、投稿しても全然いいね!が集まらないし…毎日の投稿がツラい、という方は下記の状態に陥っている可能性が高いです。

何となく、使っているから

大多数の事業主が、その効果や影響力を考えることなく使っています。だから、思うような結果や反応が得られず、嫌気がさしてくるのです。

「若い人でないとわからない」「得意な人でないとわからない」というのは、ただの言い訳です。そう言う人に限って、Facebook、Instagram、Twitterなど、それぞれの違いや特性を理解しないまま、闇雲に使う傾向にあります。

ソーシャルメディアをビジネスに使う場合、各プラットフォームの基礎知識はもちろん、最新情報を意識的に学んでいく必要があります。

Instagram、Twitter、Youtube、LinkedInなど…手を出し過ぎているから

単純に、更新するメディアが多すぎて面倒になるパターンです。

先の項でも紹介しましたが、まずは各ソーシャルメディアについての基礎知識をつけること。そして、自分のビジネススタイル・届けたいメッセージに適したプラットフォームが決まったら、それをメインに更新していくことです。

目的なく更新しているから

ソーシャルメディアは、更新しているだけで注目される、見込み客が集まる魔法のページではありません。ビジネス利用する場合は、基本的に、メインサイトへ誘導するキッカケ作りの場です。

その意図も内容もない更新をダラダラと続けていては、時間の無断です。

「今までのやり方」に固執しているから

一つの型に執着した更新は、読み手はもちろん、書く方も飽きてしまいます。先に述べたように、最新の発信方法やトレンドの見せ方があれば、それを積極的に取り入れ、たとえ反応がなくとも固執せず新たな方法に挑戦していけば良いのです。

目的の無い更新は、辛い

ソーシャルメディアをビジネス利用する目的は、あなたのサービスやプロダクトに関心を持ってもらうことです。これを見失い「何となく」「やった方が良さそうだから」というモチベーションの更新ほど、面倒で苦痛なものはありません。

現時点で、嫌々でも毎日更新している方なら、何かしらの思いや発信するモチベーションはあるはずですから、それを先のキーワードを見直した上で実践していただけると、もっと楽しく効率よく更新がでしょう。ぜひ挑戦してみて下さい。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.