2019/02/05

リーダーになるために最も必要なスキル セルフ・トランスフォーミング・マインドとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

米国企業の管理職に関する調査結果によると、どれだけ複雑な状況に対応できるかによって、大きく3つのタイプに分けられるということがわかっています。

3タイプのマインド

ハーバード大学教育大学院教授、ロバート・キーガン氏の研究発表よると、複雑性と時間や年齢によって3タイプのマインドを持つ人がいることが発見されました。

1.ソーシャライズド・マインド

このタイプは、周りからの反応が第一。責任を取りたくないタイプで、できる限り指示管理に従いながら動いていきたいタイプ。

2.セルフ・オーサリング・マインド

このタイプは、指示命令型タイプとも言われ、どんな状況かが分かっていると自分に必要な情報と過去の経験を照らし合わせながら成果を出していくタイプになります。

ポイントは、過去の経験を重視にするということで、逆を言えば、想定外には対応できない人とも言えます。

3.セルフ・トランスフォーミング・マインド

このタイプは、過去の経験はもちろんのこと、不測の時代が起こった場合でも、根本的な原因を探り、必要であればすべてを白紙に戻し、ゼロから新しいものをつくり出す勇気が備わっているタイプ。

変革のリーダーに必要なスキルとは?

セルフ・トランスフォーミング・マインドを持ち合わせる変革のリーダーになるためには、インフォメーション つまりは、外からの情報を収集する能力だけではなく、エクスフォーメーション 自分の考えを外に発信できるスキルが必要不可欠になります。

そして、さらにエクスフォーメーションを通して、お互いがトランスフォーメーション(進化成長)できる環境を作れる人が、変革のリーダーとして複雑な時代に必要とされる存在になっていきます。

そのために必要なスキルこそ、

1.多ジャンルの本を読む(主に洋書)
2.Googleでは検索できない自分の考えを外に発信する
3.自分と同じ世界観に共鳴する仲間を集める

の3つ。

自分のスキルアップのために、セルフ・トランスフォーミング・マインドを手に入れるための勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

参考書籍

ロバート・キーガン氏の著書

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

Copyright© アントレプランナー通信 , 2019 All Rights Reserved.