「仕事がつまらない」「やりたいことがわからない」「私の人生こんなはずじゃなかった」etc…

そんな思いを抱えながらも、当たり障りのない日々を過ごしている方へ。今年も残り3ヶ月。来年こそは、自分が理想とする生き方・働き方をしたくありませんか?

自分の人生をデザインする

<願えば叶う><引き寄せ>と言った言葉がありますが、ただ願い続ければ叶うというものではありません。特に「自分の人生を自分でデザインする」ためには、押さえるべきポイントと流れがあります。

その上で、今回は、ハーバード大学でも開講されている授業をもとに、自分の人生をデザインするために必要なポイントをご紹介します。

Design Your Life:デザイン思考

点と点を繋ぐ

ここでいう<点>とは、生き方と働き方をさしています。言い換えると、あなたが何者で、どんな信念を持ち、何をしているか、という点同士が繋がることで、人生が出来上がってくるのです。

その上で、理想とするライフスタイルを送るため、

ということを、断言できるようになるまで、自分に問い続けなければなりません。

まずは現実を受け入れる

自分の力で変えられないものもある、ということを受け入れることも大切です。

「会社が嫌だ」「上司がムカつく」「パートナーの性格が気にくわない」と不満ばかり言っていても、状況は変わりません。(そもそも、不平不満をいうことが趣味のような人もいますが…)例えば、国の在り方や会社の仕組み、家族構成は、自分の力ではどうにもできないことであり、そこに意識を奪われるのは、エネルギーの無駄です。

自分の力で変えられない物事は、変えられない事実と共に一旦受け入れ、落ち着いて次の策を練ることが大切です。

複数のライフプランを用意する

この先5年のライフプランを3種類用意しておくとよいでしょう。それぞれ、

  • 現時点で理想とする未来。
  • 上記の未来が叶えられなかった場合の未来。
  • 地位もお金も何もかもある場合の未来。

で考えることをオススメします。いくつか用意することで、1つうまくいかなくても、他の方法で再チャレンジすることができます。

プロトタイプを試す

理想のライフスタイルが決まったら、それを叶えるためのアイデアをどんどん試してみましょう。

  • どんどん質問をして、アイデアを深める。
  • 試作品を作る。アイデアを試す。
  • 他の人に意見を求める。
  • 常に未来思考でいる。

という流れで繰り返し挑戦することをオススメします。

”自分にとって最良”のものを選ぶ

自分の人生を自分でデザインするためには、常に、未来の自分にとってベストな選択をすることが大切です。

  • 情報を集め、整理する。
  • 選択肢を狭める。
  • 本当に望んでいるものだけを選ぶ。
  • 再検討→選ぶ。

人に合わせたり、妥協してはいけません。自分の理想のライフスタイルを実現するためにも、自分が望んでいるものを徹底的に集めていきましょう。

一度きりの人生を後悔なく生きるために

ハーバード大学でデザイン思考を教えるBill Burnette氏の言葉に次のものがあります。

Get curious, talk to people, try staff.

(好奇心を持ち、人に話し、挑戦し続けよ)

You will design a well lived and joyful life.

そうすれば、健やかで歓びに満ちた人生をデザインすることができるだろう)

今の仕事や暮らしに不満を抱えている方は、ぜひ「デザイン思考」を参考に、理想のあり方とその実現方法について考えてみてください。特に、

  • あなたにとって仕事とは何か?
  • なんのために働くのか?
  • 成し遂げたいことは何か?
  • あなたの信念は何か?
  • 今の世の中に対する意見はあるか?
    そして、それはどんなものか?

の質問ははっきり答えられるまで、繰り返し自分に問いかけることをオススメします。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です