「フェアトレード」というと、買い付けた商品を、店舗やオンラインショップに並べて販売する、というイメージが多い方もいるかと思いますが、今回提案したいのは、既存のビジネス×フェアトレードアイテムの組み合わせ。

オーガニックアイテムに関心のある方も多く集まるであろう、ヨガ教室でのフェアトレード活用法です。

教室オリジナルのグッズ、オリジナルブランドをフェアトレードの布地で作る。

Fair Trade Fabric

ウェアやバッグなど、出来合いのオーガニックアイテムを取り入れるのも良いですが、それでは他の教室と大差ありません。他との違いを明確にし、あなたの教室を際立たせるために、フェアトレードで素材だけ仕入れ、自分で教室オリジナルのグッズをデザイン・販売するというアイデアはいかがですか?

・フェアトレード・オーガニックアイテムを使用している。

=心身・環境に優しいヨガ教室。話題性あり。

・オリジナルグッズ・ブランド=教室の顔を作れる。

=諸々自分で準備するのが面倒な人には便利。

デザインや販売が苦手ならば、得意な人に任せてしまいましょう。まず、フェアトレードのオーガニック素材を使用したオリジナルブランドを展開しているヨガ教室、というネームバリューがつけば、間違いなくあなたの教室は注目を浴びるでしょう。

これは欲しい。PVC不使用、天然ゴムで出来たヨガマット

HARMONY MAT

ビニール不使用のヨガマット、さすがに無いだろうと思っていたら、ありました。

肌の弱い方や化学製品が嫌いな方には、とても嬉しい1品。探している方も多くいると思うので、このアイテムが世に知られるきっかけに、あなたの教室が知られるきっかけになること間違いなしです。

教室オリジナルとして、柄入れを依頼しても素敵。

ロハス系ビジネスとフェアトレードは、相性抜群

ヨガやエステなどには、美と健康に対する意識の高い方が多く集まりますし、フェアトレード・オーガニックアイテムとのコラボは反応が良さそう。人にも環境にも優しいフェアトレード・オーガニックアイテムを使用している、というのが、教室の肩書き・ブランドになります。

教室自体の話題性はもちろん、生徒さんの心身に良い影響を与えられる、生産者の皆さんの力になれる。win-win-winの関係が成り立ちます。

オーガニック製品を利用している、という事実が、1つのブランドになりますから、ヨガ教室、美容系サロン、癒し系サ、健康系サロンなど、ロハスビジネスに関わっている方は、要チェックです。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です