2018/05/23

メディアを制する者がビジネスを制する

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

メディアを制する者がビジネスを制すると語っているのは、あの有名なダン・ケネディー

なぜ、メディアが重要なのか?

そのことを理解するには、まずはダン・ケネディー氏が提唱する3Mを知る必要があります。

ダン・ケネディーの3M

3Mは、Message(メッセージ) Market(市場)Media(メディア)それぞれの頭文字を取って3Mと呼ばれています。

ダン・ケネディーは、マーケティングに絶対不可欠の要素として、

正しいメッセージ
正しいマーケット
正しいメディア

によって伝えることだと語っています。

起業家の多くは、まず最初に市場と見込み客を決め、商品を作って、セールスコピーを作って販売してしまうことで失敗に終わってしまっています。

どんなに素晴らしい商品サービスとセールスレターを書いても売れないのは、正しく伝えるメディアがない=知られていないことが大きな壁となっているためです。

逆に、そこそこの商品とそこそこのセールスレターであっても、きちんとしたメディアを持ち、見込み客との信頼関係(絆)ができていれば、売上は確実に上がっていきます。

 

影響力のあるメディアとは?

世の中には影響力を持つ4大メディアが存在しています。

1.テレビ局
2.ラジオ局
3.出版
4.学校

です。

もしあなたが、この4つのうちの一つのメディアを保有することができれば、知られる機会をたくさん作ることができるでしょう。

しかし、実際問題として、4大メディアを構築するには、手間とお金と時間がかかってしまいます。

そこで、我々がゼロからメディアを構築する際に推奨しているのが「メルマガ」です。

 

リストを保有するものがビジネスを制する

たとえあなたに、売る商品やサービスがなくても。反応率の高いセールスコピーを書くことができなくても。文章スキルがなかったとしても・・・

リストホルダーになっていれば、メルマガを毎日配信して信頼関係を気づけていれば、最も影響力のある人間になることができます。

ここでいうリストホルダーとは、質の高いメルマガ読者を保有している人のことを指しているので、リストを1万~10万単位で保有する必要はありません。

たった100人であっても、毎回クリックする人が70人いたら、すごいメディアの持ち主というわけです。

何を買うかではなく誰から買うか

SNSの登場で、どんなものを買うかよりも誰が紹介しているか 誰から買うかを重視する人が増えてきました。

つまり、どれだけその人のことを信頼しているか。コミュニケーションを常に取れているかが購買する基準になっているんですね。

ブログと比べてメルマガはこちらからメッセージを伝えることができるメディア。

ブログではなくメルマガをして欲しいということではなく、メルマガを中心としてインターネットを活用できれば、今までにない成果を上げることができるはずです。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© アントレプランナー通信 , 2018 All Rights Reserved.