本日の分は販売終了しました。限定/希少性の心理トリガー

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

 

2018年5月3日 午後14時25分

近くのスタバにて、、、

前日、朝のニュースでスターバックスのストロベリーフラペチーノがとても美味しくて、インスタ映えもするということから男女問わず大人気!というのを見て、僕だって食べたい!と思い、仕事がひと段落した午後に行ってみたら・・・

本日分は販売終了しました。

と、ポップの上にご丁寧にシールが貼られていました。それでも諦められなくて店員さんに聞いてみたところ、何と午後11時には完売してしまったのとこと。

こうなってくるとさらに食べたくなるのが人間の性(さが)。ここに心理トリガーが隠れています。

限定/希少性

心理トリガーのひとつに限定や希少性があります。

今回のように食べたいと思ったときに売り切れていた。または、1日限定100名様までなど限定や希少性を打ち出されると、人は我慢できなくなり行動を起こすことがよくあります。

購入した後で、本当に欲しいものではなかったかも?!というケースがあるのも、限定や希少性によって感情が動かされたことが原因です。

心理トリガーのキーワード:
人間は感情で買い理屈で正当化する

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© アントレプランナー通信 , 2018 All Rights Reserved.