2018/05/24

読書をお金に換える技術

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

なぜ、成功してきた起業家たちは読書を推奨するのでしょうか?

あるCEOの言葉

シリコンバレーでは誰もが知っているCEOがとある雑誌のインタビューで、なぜ、毎日分刻みで動いているあなたが毎日欠かさず本を読むのですか?という質問に対して、こんな発言をされていました。

To meet a line to change my LIFE.

自分の人生を変える ”一行”に出逢うためだよ。

Microsoftのビル・ゲイツ、Appleのスティーブ・ジョブズ、Facebookのマーク・ザッカーバーグ、ヴァージングループのリチャード・ブランソンなどなど、彼らが年を重ねてもなお読書し続けるのは 人生を変える一行に出逢うため。

ビジネスモデルではなく「ヒト」にフォーカスせよ

アントレプレナー通信の推薦図書 パクリジナルに登場する1行。

それが、

ビジネスモデルではなく「ヒト」にフォーカスせよ

これまでの70年は”豊さ”を追求する時代。そしてこれからの70年は、モノがあふれる時代にAIやIoTといった新しい技術の登場によりネットやロボットと私たち人間はどのように共存すべきなのか。

そもそも人間とは何なのかを追求する時代へとシフトしていきます。つまり、人間ってこういう風に生きるのが幸せだよねということを伝え、共感された人から成功していく時代になるということになります。

まさに「ヒト」にフォーカスせよです。

そして、過去に何人もの偉人賢人たちが”人間”とは何かについて一生をかけて考え、答えを書いたのが彼らの本になります。

読書をお金に換える4つのテーマ

では、実際に読書をお金に換えるためにどんな知識を吸収していけばいいのでしょうか?

人間とは何かを追求する時代に考えるべきテーマは以下の4つです。

① 自分が成長(変化)できると感じられるテーマ
② 自分らしく生きるというライフデザインのきっかけになるテーマ
③ 自分だけでなく誰かの役に立てる”社会貢献”に関するテーマ
④ 次の時代を担う新しい職業(仕事)に関するテーマ

この4つのどれかをあなたが提案できれば、読書をお金に換えることができるようになります。

今話題のモチベーション革命では、乾けない世代(ミレニアル世代以下のひとたち)は、自己成長と社会貢献の2つが生きる理由になると書かれていました。

お金を稼ぐことだけを目的にすると、この世代はスイッチが入らないんです。

なぜやるのか?誰の役に立てるのか?という明確なビジョンを欲しているんですね。

思考は現実化するということは・・・

人生を変えるために本を読もうと言われるゆえんは、思考→行動→結果という順番があるから。

人生を変える=結果を変えるために、私たちはまず思考(考え方)を変えなければなりません。考え方を変えるには新しい視点=読書で知識を吸収することが大切。

人生は出逢った言葉の質と量で決まるからこそ、ぜひ読書というスキルをマスターし、読書をお金に換える技術を手に入れてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.