2010年代に入って日本でもようやく浸透してきたコンテンツマーケティング。

そもそもコンテンツマーケティングとはどういうものなのでしょうか?

コンテンツマーケティングとはなにか

マーケティング先進国、アメリカにあるContent Marketing Instituteによると、

Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.

コンテンツマーケティングとは、収益を生むユーザーに、価値あるコンテンツを作成、一貫して提供し続けるによって、ユーザーを惹きつけその状態を維持し、関係性を生み出すことによって、最終的な収益に繋がる行動をユーザーに取ってもらうための一連の流れである。

と言っています。

マーケティングとはなにか。

ここで押さえておかなければいけないポイントがもうひとつ。

それはマーケティングとは何かという点です。この点については、ピーター・ドラッカーが分かりやすく解説してくれています。

The aim of marketing is to know and understand the customer so well the product or service fits him and sells itself.

マーケティングの目的とは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

つまりは、マーケティングとはセールスを不要にすることである。

コンテンツマーケティングの歴史

コンテンツマーケティングを一瞬で理解できるインフォグラフィックがあります。

引用元:The Best Content Marketing Infographics on the Planet

始まりは紀元前4200年とされており、その後、私たちが実際に把握できている最も古いコンテンツマーケティングは、

1895年(明治28年)にアメリカの農機具メーカーである「Deere & Company」の「John Deere」というブランドが発行した雑誌「The Furrow」が始まりと言われています。

彼らが行ったコンテンツマーケティングでは、世界40カ国、150万人の読者を獲得することに成功しました。

The Furrow Magazine JohnDeere.com

なぜ今、コンテンツマーケティングなのか。

この話は、オウンドメディアの解説でもお伝えしましたが、Googleのアップデートによるコンテンツ重視になってきたこと。広告費の増大、ユーザーの広告への不信感などが挙げられます。

また、マーケティング会社のhubspotが2012年に行った調査では、最も安価に集客をできた方法として52%がブログと答えていることからも、コストをかけずに顧客を獲得する方法を重視し始めていることがよく理解できると思います。

引用元:Inbound Leads Cost 61% Less Than Outbound

 

コンテンツの種類

では、実際にコンテンツマーケティングを自社でスタートする場合に、どんなことに取り組めばいいのか。

コンテンツには主に3つの種類があります。

1.テキストコンテンツ

活字メインのコンテンツです。ブログやオウンドメディア E-bookやホワイトペーパーなどが挙げられます。

2.画像コンテンツ

画像メインのコンテンツ。主にInstagramやPinterestなどを利用して発信を行います。

3.動画コンテンツ

YoutubeやVimeoなどのプラットフォームを利用して、CMやノウハウを公開します。

コンテンツマーケティングを行う目的とゴール

それは3つ。

1.見込み客または顧客とのつながりを強くすること
2.問い合わせをもらうこと
3.商品を購入してもらうこと

どうすれば、見込み客や顧客が知りたい 解決したいコンテンツを提供し続け信頼を築けるのか。
どうすれば、問い合わせしたいとなり、実際に問い合わせをしてくれるのか。
どうすれば、あなたから購入したいと言ってくれるのか。

まとめ

コンテンツマーケティングは資本の少ない中小企業や事業主が今すぐ始められる方法です。

あなたも小予算で優良顧客を獲得するコンテンツマーケティング始めてみませんか?

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です