プレスリリースSEOってなに?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

プレスリリースを配信することで、狙ったキーワードで短期間ではありますが上位表示させる方法を海外では、Press Release SEO(プレスリリースSEO)と呼ばれています。

短期的に効果を発揮

プレスリリースの魅力は、短期的に大手メディアサイトにリリース記事が載った場合、検索エンジン上で商品名な望むが上位表示させる可能性が非常に高いということです。

 ※過去、弊社のプレスリリースが取り上げられた事例。

プレスリリースの配信代行会社を使えば、ほぼ確実にどこかのサイトに掲載させることも魅力です。

ただし、長くても数週間程度で順位が一気に降下してしまうため、それまでにメディアからの取材など2次的効果を模索する必要があります。

ニュースの7割がプレスリリースがきっかけ

国内外のニュースの多くは、プレスリリースがきっかけで取り上げられるということをご存知でしょうか?

つまり、自社の宣伝をする方法として、プレスリリースは大きな役割を果たすということになります。

※過去、弊社のプレスリリースが取り上げられた事例。

 

ジャーナリストの98%が毎日インターネットを利用する

ニュースを取り上げるのは主に、ジャーナリストまたはメディアのプロデューサーやディレクターたち。

海外の統計情報を見ると、

・ジャーナリストの98%が毎日ネットを利用し、92%がウェブでリサーチをしています。
・81%の人がインターネット検索を利用し、76%が新情報を探しています。
・さらに、彼らの73%はネットを使ってプレスリリースを探しています。

プレスリリースを配信しないのは、事業を行っている人にとっては猫に小判状態になりかねないというわけです。

ニュースとして扱われる可能性が高い5つの情報

御社がプレスリリースを載せるべきタイミングは5つあります。

1.新商品・新サービスの発表
2.新プロジェクトの発表
3.業務提携
4.コンクールやコンテストでの受賞
5.人事関係

プレスリリース配信代行サイトを活用しよう

ウェブ上でプレスリリースを配信したいなら、プレスリリース配信代行サイトを活用するのが一番。

下記に、配信代行サイトをいくつかご紹介させて頂きます。

・ @press
https://www.atpress.ne.jp/

・PR TIMES
https://prtimes.jp/

・News2uリリース
http://info.news2u.net/

・PRエンジン
http://www.pr-engine.com/

・ドリームニュース
http://www.dreamnews.jp/

・PressNetwork
http://www.pressnet.tv/

法人格を所有しているなら、イベントごとにプレスリリースを必ず配信して、SEO対策を行いましょう。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.