逆SEO( Reverse SEO )とは、特定の検索ワードで、誹謗中傷サイトの順位を落とす方法のこと。

基本は、弁護士に相談すること

逆SEOを行う前に、名誉棄損に当たる事案であれば、弁護士に相談して削除依頼を行ってください。

事実ではない記事の場合、1次被害より、2次被害によって大きな影響を受ける事業主さんもたくさんおられます。

その他の対策として

1)Googleに直接伝える

こちらからどのような対策ができるかをチェックして、削除依頼をします。

法律上の問題や機密漏洩があるなど、理由を明確にして連絡しましょう。

2)和解する

これは先ほどお伝えした弁護士を通す方法です。もちろん弁護士を介さず、自分たちだけで解決するという案もありますが、できる限り代理人を通して建設的に対応することをおススメします。

3)逆SEOを行う

方法としては、

  1. ブランド/ビジネスキーワードに関する悪い評判を特定する
  2. 悪質な評判サイトの競争力を分析する – バックリンク、サイト構造、ソーシャルメディア権限など
  3. あなたが所有していないウェブサイトやその他のウェブサイトでオフサイトSEOを使用してキーワードを構築する
  4. あなたが所有するウェブサイトやウェブサイトのSEOを構築する
  5. これらのプロパティを相互リンクする
  6. その悪評評判のページのバックリンクを取得して、それらのプロパティをポイントします
  7. 効果が得られるまで繰り返す

という流れです。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です