今回は、Googleアナリティクスにおける基本用語を解説していきます。

セッション、ユーザー、ページビュー数

この画像は、アントレプレナー通信を立ち上げたばかりの8月10日のものです。

まず初めに理解しておきたいのはこの3つの用語。

1)セッション

ユーザーがあなたのサイトに訪問した回数のこと。なお、同じユーザーが30分以上間隔をあけて再度あなたのサイトを訪問すると、新たにセッションがカウントされます

2)ユーザー

あなたのサイトに訪問したユーザーの数のこと。ユニークユーザーと呼ぶ場合もあります。同じユーザーが何ページを見ても、30分経って再訪問した場合もユーザー数は1となります。

3)ページビュー数

サイト内で読まれたページの数のこと。1人のユーザーがあなたのサイトに訪れて、複数のページを見た場合、全ての数がカウントされます。

その他の基本用語

4)ページ/セッション

1セッションあたりのページビュー数のこと。この数が大きくなるほど、サイトの滞在時間が長くなる可能性が高まります。

5)平均セッション時間

各セッション時間の合計を、総セッション数で割った値のこと。

6)直帰率

あなたのサイトの1ページだけを読み、他のサイトへ離脱してしまう、もしくはブラウザを閉じてしまう人の率のこと。

7)新規セッション率(New Visiter)

新規ユーザーがサイト訪問した割合のこと。10アクセスのうち、新規ユーザーが6人だった場合新規セッション率は60%になります。

8)Returning Visiter

あなたのサイトを2回以上訪れるユーザーの割合のこと。

9)トラフィック

あなたのサイトを訪れてくれたユーザーが「どこのサイトから来たのか」を表示したもの。

10)参照元

あなたのサイトを訪れる元となったサイトのこと。

11)Organic Search

GoogleやYahooなどの検索経由でのアクセスのこと。

12)not provided

GoogleやYahooサービスの常時SSL化(HTTPS化)に伴い暗号化されたオーガニック検索キーワードのこと。最近では、not providedが増えたことで、どんなキーワードで検索されたかわからないケースが増えてきました。

まとめ

今さら聞けないGoogleアナリティクス用語編はいかがでしたでしょうか?

何を始めるにもまずは言葉を理解することから。用語を理解した上で、アナリティクスを活用していきましょう。

【New Release】
Public Domain Empire
他人の著作物を合法的に盗んで、
今日から売上を上げる方法

logo
知的財産ビジネスで小予算で安定した新しい収入源を構築したい事業主必見。
虎の威を借りれる新しいビジネスの古くて新しいビジネスモデル
Public Domain Empireを無料プレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です