about

アントレプレナー通信は、独立起業・複業・インターネットビジネスの成功法則を徹底研究するサイトで、主に、英語圏のビジネス情報をご紹介しています。

なぜ、英語圏の情報が中心なの?

それは日本にはない一流の情報源の宝庫だから。

「タイムマシン経営」という言葉を聞いたことありますか?

「タイムマシン経営」とは1990年頃にソフトバンクの孫正義氏が始めた経営法で、日本よりも10年20年進んでいるアメリカの最先端の情報を日本を持ち込むことにより、タイムマシンに乗っているかのように優位性を持つことができることからソフトバンクで実践した経営法です。

なぜ、儲かっている社長はビジネス洋書を読んでいるのか?

このタイムマシン経営やタイムマシン起業を使って成功を収めているのはソフトバンクだけではありません。

ソニーはアメリカの半導体に着目してトランジスタ・ラジオを生み出し、アメリカのコンビニエンス・ストアという店舗形態に可能性を見出し、セブンイレブンを日本に持ち込んで成功した鈴木敏文氏。ユニクロの柳井正さんは、商品を直接消費者に訴えるCMをナイキをヒントに製作し、認知度を一気に向上させました。

最近ではmixiなどのソーシャルネットワーキングサービス。コーチングの先駆けとして入ってきたNLPも米国発のコンテンツです。

日本一のマーケッターと呼ばれ、ダイレクトレスポンスマーケティングを初めて日本に持ち込んだ神田昌典氏は著書の中で、

あの国には、日本で成功するためのビジネスの種子が、いままで以上に、溢れかえっている。だからアメリカのコンセプトやノウハウを日本に持ち込めば、価値あるビジネスがいくつも生まれると私は思っている。

見る人が見れば、宝くじの当たり券がそこらじゅうに落ちている状況なのだ。

お金と英語の非常識な関係 上巻 P.24より

と語っています。

川を上り、海を渡れ

ということは、もしあなたが最短距離で望む結果を出したいのであれば、情報の源流に出来るだけ近いところに早くアクセスできるようになった方が良いということです。情報の川下にいる限り、いつまで経っても仕掛けられる側、お金を払う側でありつづけることになります。

アントレプレナー通信社でインタビューさせて頂いた元郵政民営化担当大臣 竹中平蔵先生のお言葉に、「川を上り、海を渡れ」というものがあります。

川を上るとは、源流から学べということ。海を渡れとは、海外に目を向けて視野を広げよという意味になります。まさに、英語圏の情報は金脈にアクセスできることにつながるのです。

世界の成功者の共通点

英語圏の情報にこだわる理由はもうひとつあります。それは、世界の成功者と呼ばれる人たちの共通点は、他人のアイデアを借りたり、経験を活用して成功しているということです。

起業スタートから”オリジナルティー”で勝負した人はほとんどいません。賢者(主に英語圏の人たち)からアイデアや経験をカニングorコピーして、最後のオリジナルティーを付け加えていることが多いのです。

つまり、資本も人脈も時間もない起業家にとって、最も重要な要素は、”英語圏の一流の情報”をいち早く入手し、実践し、小さな成功体験を積み重ねていくことなのです。

2020年までに全労働者の50%がインディペンデントワーカーになるとの予測も

2017年現在、アメリカだけで約5500万人のインディペンデント・ワーカー(フリーランス)が存在し、Forbesよるとその数は2020年までに全労働者の50%に達すると予想されています。

この波は必ずに日本にも訪れると確信しています。理由はいくつかあるのですが、大手企業が複業を解禁したことが大きな要因です。非正規雇用の数も増え、一生涯、一つの会社で雇われ続けるという形態は、働く側だけでなく経営者としても給料の保証が難しくなっているためです。

アントレプレナー通信のミッション

アントレプレナー通信は、ミッションは、”Intelligence making the world a better place”。

いかなる状況においても自らの可能性を最大限に発揮するための知識(知性)を養い、道を切り開いていく起業家のために、武器としての情報を伝えていくことで、個人の時価総額を上げ、夢を叶えるきっかけを提供したいと考え、サイトを立ち上げました。

起業する前に読んでもらいたい推奨図書

【推薦図書】お金と英語の非常識な関係 神田昌典

【推薦図書】パクリジナルの技術