話題のホワイトラベルって何?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。

ここ数年、様々な業界でホワイトラベルというキーワードが話題になっているのですが、そもそもホワイトラベルとは何なのでしょうか。

ホワイトラベルとは

ホワイトラベルとは、ある企業が独自で開発した製品やサービスを他の会社が自分のブランドとして販売できる権利のこと。リブランディングに最適な方法とも言えます。

代理店販売との違いは、代理店販売は相手のブランドを借りてビジネスを展開していくことにメリットがありますが、一方で、ホワイトラベルは”製品”や”サービス”を自社のブランドとして扱えることにメリットがあります。

ホワイトラベル事例

ホワイトラベルを活用している有名な事例は、やはり電力自由化による電力販売でしょう。経済産業省に電気小売り事業者として登録申請して、審査に合格すれば販売を行うことが出来るようになりました。

そこで無名の電気小売事業者が有名大手電気事業者からホワイトラベルを取得し、自分ブランドを立ち上げ電力の販売を行っている事業者が急増しています。

電力以外では、FXのシステムをホワイトラベルとして販売しているという事例もあります。

代理店として販売することとホワイトラベルを取得して販売すること双方にメリット・デメリットは存在しますが、これから”個人”でもホワイトラベルを取得して、自社ブランド販売する人も増えてくるでしょう。

The following two tabs change content below.
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
この記事を書いている人 - WRITER -
アントレプランナー通信社 代表。 主に英語圏の情報とを通して、事業主の一番の壁てある集客、特に見込み客を集めるための企画支援を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© アントレプランナー通信 , 2017 All Rights Reserved.