2017/08/22

バイブルマーケティングをはじめよう

 

この記事を書いている人 - WRITER -

アントレプレナー通信社 代表。ローカルビジネス(地域ビジネス)における企画販促からウェブ集客のコンサルティングを行っています。この仕事を初めて12年目に突入。

バイブルと言えば、聖書。つまり、バイブル・マーケティングとは、あなたのお客さんにとって、一瞬も手放すことが出来ない”情報(コンテンツ)”を提供する手法の事。今、求められているのは「信頼」されるだけの圧倒的な情報なのです。

御社には、名刺代わりになるバイブルがありますか?

世界で一番有名な情報=聖書なわけですが、なぜこれだけの人が聖書の存在を知ることが出来たのでしょうか?それは”誰もが必要としている情報”だったためです。

必要な情報があるとなれば、こちらが宣伝を行わずとも、相手が聖書の在りかを探しはじめます。名刺やパンフレットを渡す以上に効果絶大であることがこのことかわかるはずです。

セールスが不要にできるバイブル・マーケティング

バイブルマーケティングの本質は、お客様からそれ読みたい!知りたい!欲しい!と手を上げてもらうこと。セールスを不要にする仕掛けを作ることが出来ます。

もしも、売れる商品づくりや集客方法を考えている段階なのであれば、一度深呼吸をして、24時間あなたの代わりに営業してくれる営業マン=バイブルを作る事に専念しましょう。なぜなら・・・

初めに言葉(情報)ありき

初めに言葉ありきだから。女性にとっては誰もが興味あるダイエット。最近は、ココナッツオイル・チアシード・水素水・キヌア・ホットヨーグルトダイエット等流行っていますが、それを実践するには、ココナッツオイルがダイエットに良いらしいという情報を知らなければココナッツオイルを購入することはありません。

つまり、最初に情報を与えることができなければ、マネタイズは難しいのです。

AISASの法則

自社商品やサービスを販売する戦略を考える場合、AISASで考える企業も多いです。AISASとは、Attention(注意)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Action(購買)→ Share(情報共有)という流れで、購買までに3ステップの壁があります。この注意から検索までを担うのがバイブルなのです。

時流に合わせて言葉で注意を惹き、詳細な情報を提供する事で興味を抱き、どういうコトバで検索すると欲しいモノが手に入るかを教えてあげる。あなたのバイブルをつくることができれば、バイブルを手に入れる→購買→シェアというよりシンプルな流れになります。

書籍や小冊子だけでなく、シナリオメールや音声動画でも構いません。お客さんにとって、一瞬も手放すことが出来ない”情報(コンテンツ)”を1日も早く構築して、バイブルマーケティングをスタートさせてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

アントレプレナー通信社 代表。ローカルビジネス(地域ビジネス)における企画販促からウェブ集客のコンサルティングを行っています。この仕事を初めて12年目に突入。

 

Copyright© アントレプレナー通信 , 2017 All Rights Reserved.