コピーライターからスクリプトライターの時代へ

この世で最も価値のあるスキルはコピーライターであると、多くの起業家たちがこぞって発言していますが、

今、少しずつその傾向が変わってきています。

目次

スクリプトライターという職業

英語圏では超有名なマーケッター Ryan Deiss(ライアンダイス)。

彼は様々なマーケティングコンテンツを事業主や起業家に提供しています。

その中で、昨年発表されたのがコンバージョンを飛躍的に上げるための動画スクリプト作成法。

VSL(ビデオセールスレター)の作り方についてのワークショップを映像化したものを提供しました。

これからは動画の時代。

コピーライターという職業はなくならなくても、これから必要とされるのは
間違いなく、動画で何を話すかが書かれている台本(スクリプト)です。

コンバージョンを上げるために

人を魅了し参加したくなるようなシナリオが書ける人、それを表現できる人の需要はどんどん高まっています。

日本でも人手不足が大問題になっていますが、英語圏では人材確保にもVSLを活用し、

人を魅了する台本で何人も採用している会社が増えています。

VSL作成のためのチェックポイント

ちなみに、Ryan Deissは以下のようなスクリプトを作成する際に

以下のようなチェックリストを使っているそうです。

ナレッジキュレーターとして、英語圏の情報をキュレーションし、

スクリプトライター養成講座を立ち上げても、人や企業から必要とされる存在になりそうですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる